無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お顔のお正月太りを撃退♡1日3分からはじめる小顔ケア5選

のんびりとおいしいものをいただきながら過ごした冬休み。リフレッシュできた反面、つい食べ過ぎてお顔にもその反動が…という方も多いようです。わずかな時間でできる体操で、お顔のむくみをシャットアウトしませんか?

2017年1月
美容

お休みの名残、残ってませんか?

新しい年がはじまり、心機一転、目標や理想を掲げてがんばっている方が多いこの季節。冬休み、のんびりと過ごした名残が、お顔に残っている方はいませんか?

体重と違って、なかなか自分では気づきにくいお顔のたるみやむくみ。周囲から指摘された方は要チェックです。

1日3分~でOK!

気になった時がスタート時。お顔は、体の中でも比較的小さい場所であることから、数分の運動やポーズでも、毎日続けることで比較的効果が出やすいと言われています。

冬コーデをおしゃれに仕上げるためにも、小顔はキープしたいですよね。今回は、お仕事や家事のスキマ時間に実行できる、お顔のたるみやむくみに効く体操やポーズを集めてみました!

1.ウイウイ体操

とても簡単で、日中のちょっとしたスキマ時間にも行えるのが、「ウイウイ」と口の形を変えるだけのウイウイ体操。

Pin it
ピンもと: stylesweekly.com
2
9

ウイウイ体操は、口をすぼめた「ウ」と口角を上げ左右に広げた「イ」を交互に発声し、「ウイウイ」という言うだけのシンプルなもの。ゆっくり毎日、20回ずつ行うのが理想です。

2.あご突き出し体操

ちょっぴり顎下のたるみが気になってきた方はあごをすっきりさせてくれる、あご突き出し体操がおすすめ。

Pin it
ピンもと: dailymail.co.uk
3
6

①軽く口を閉じて、顔を少し上にあげる
➁ゆっくり5秒くらいかけて、下唇を鼻の頭に向けていき下あごもあげて5秒キープする
③ゆっくりと口を元の形に戻す

以上を、できれば1日5回程度行います。下唇を動かすとき、上唇を一緒に動かさないよう意識しながら行うのがポイントです。

3.ぴよぴよ口体操

普段あまり使わない頬の筋肉を鍛えたいなら、ちょっぴりユニークな口の形を使うぴよぴよ口体操が最適。

①空気を思い切り吸い込み、口をすぼめてひよこのような形にする
➁すぼめた口を10秒程度、ぴよぴよと言うように上下に動かす
③ゆっくりと口をもとの形に戻す

すぼめた口の形にするのは、慣れない間は難しいもの。だからといって、内側の頬を肉を噛んでしまうのはNG。慣れない間は、形をキープするだけでもOKです。

4.舌回し体操

乾燥しがちな冬に特に気になってくるほうれい線は、たるみとともに、舌回し運動で予防しちゃいましょう。

Pin it
ピンもと: theultralinx.com
2
11

①口をとじる
➁舌を使って、歯と歯茎の間を舐めるようにゆっくり口内を一周する
③一周したら逆も行う

交互に舌を回す作業を、できればセットで40回行うのが理想ですが、毎日行うためには無理は禁物。疲れるようであれば、20セットからはじめてみてくださいね。

5.ムンクの顔ポーズ

画家「エドヴァルド・ムンク」の代表作、『叫び』に似ていることから名づけられたムンクの顔ポーズは、顔全体を使うので血行促進も期待できます。

①口を「オ」の形にし、鼻の下を思いっきり伸ばす
➁顔を正面に向けたまま、目だけ天井を見るように動かす
③10秒キープして、ゆっくり元の形に戻す

以上のセットを、2~3回行います。上を見る時、できるだけ額にしわが寄らないよう意識しながら、行ってみてください。

日常で意識したいことは?

運動はもちろん効果的ですが、日常の小さな心がけの積み重ねが、美しいフェイスラインにつながっていきます。

「笑顔」と「正しい発声」

品よく口角を上げた笑顔、「あいうえお」の母音を意識した美しい発声は、お顔の筋肉のバランスを整え血行促進の効果も期待できます。すぐにでもできるフェイスケア法です。

保湿は念入りに

girlydrop.com

冬の乾燥はお肌にとっては大敵。毎日の体操の効果をあげる為にも、たっぷりの保湿は欠かせません。ゆっくり時間をかけて、お風呂上りなどにケアを心がけてくださいね。

すきま時間を有効に使ってフェイスケア♡

お顔の体操は、とにかく可能な範囲からでいいので、毎日行うのがコツ。ちょっとした空き時間や待ち時間に、心身をほぐすリラックス法としても、ぜひ取り入れてみてください。

記事に関するお問い合わせ