無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018年までに◯◯円貯める!「自分予算」をスタートしよう♡

貯金って難しいですよね。お金を計画的に使うには予算をきちんと立てることが大切です。今回は収入と1年間の支出を考えながら計画を立てる「自分予算」を提案します。

2017年1月
ライフスタイル

計画性のあるお金プランを立てたい!

お金の計画性がないばかりに、楽しみにしていたイベントを楽しめなかったり参加できなくなってしまったという経験はありませんか?今回は予め予算を立ててお金を管理する「自分予算」を提案します。

贅沢する程お金がたまる♡節約女子が持つべき上質アイテム

無駄な出費を抑えて、しっかり貯蓄したい!…そう思っても、ついついお金を使ってしまうことありますよね。節約の敵・チリツモ浪費を防ぐためには、ちょっと贅沢なアイテムを身に着けるととっても効き目があるんです!
2325

イベント予算は早めに組もう!

バレンタインやお花見などの年間行事について、いつから考え始めますか?スーパーや街がイベント色になってきてからでは、実は遅いんです…。2ヶ月前を目安に予算を立ててみましょう。

バレンタインデーの予定を立てる場合、毎月15日が給料日の場合は当日が一番お金に余裕がない日になりますよね。もう1ヶ月早く計画を立てていればもう少し余裕が出そうです。

2ヶ月分の給料を元手に節約すれば、無理なく余裕のある予算を組むことができます。楽しいイベントは準備から楽しみたいですよね。これを機に、予算の少なさにイライラするのは卒業しましょう!

暖房器具も使い方次第です♡寒さをガマンしない冬のあったか節約術5選

冬は楽しいイベントが目白押しですが、その分お金がかかりますよね。ボーナスがあるとはいえ、節約してもう少し遊ぶお金を増やしたいというのが正直なところ…。そこで今回は冬に暖かく過ごしながらできる節約術をご紹介します。
1345

収入を3つに分けて計画を立てる

口座に振り込まれるお金がすべて自由なお金ではありませんよね。しかし、口座残高が多いと少し無敵な気分になってしまうものです。毎月、給料日には自宅でお金会議を開きましょう。

給与明細を見て、手取り金額から生活費を除いた金額を大体3等分しましょう。そのうちひとつは自分のお小遣い、ふたつめは貯金、最後のひとつは本当に自分のためになることに使いましょう。

お小遣い・貯金・自己投資の三角をくずさない!

自分のためになることとは美容院代などではなく、スキルアップのための教材費や勉強を兼ねての旅資金に使うことです。お給料をアップさせたり、人間として成長するための軍資金にしましょう。

月5万円が楽々貯まる!?“やめるだけ”節約術がすごい♡

上手に貯金したいなら、今やっている不要なことを思い切って辞めてみましょう。それだけで不思議なくらいお金が貯まるようになります。月5万円の節約も夢ではありません!できることから始めてみてください。
4753

予定外の出費はNG!給料日には注意

お給料日って嬉しいですよね。1ヶ月頑張ってよかったと心から思える1日でしょう。しかし、だからと言って浮かれて散財してしまっては意味がありません。普段と変わらない日として過ごすよう心がけましょう。

給料日は決して特別な日ではありません。1ヶ月の労働に対する対価が支払われる日なだけで、臨時収入が舞い込む日ではないのです。慎ましくしていればしているほど、後々優雅に過ごせますよ。

みんなが金欠のときにひとり余裕をもてる大人に!

給料日に浮かれてしまうと、給料日前になればなるほど生活が苦しくなりますよね。質素にしているほど周りとグッと差がつきますよ。給料日後の混雑した街にしか出られない女性になるのはここでストップ!

コンビニ代を予算から無視してない?

仕事帰りにコンビニに寄るのが癖になっていませんか?大したものは買っていないと思っていても、1ヶ月分・半年分となるとかなりの金額になっているのではないでしょうか。今日からコンビニ禁止令を!

100円のお菓子をひとつ買う習慣があるとして週5日で500円、1ヶ月で2000円です。月額2000円を出してまで、このお菓子は必要だろうかと今一度考えてみましょう。

コンビニ代にも予算を組んで!

お菓子を買う日と、1ヶ月分の予算を予め決めるのがおすすめです。全体的にコンビニよりもスーパーの方が安いので、お菓子予算を決めてスーパーで1ヶ月分を先に買うと良いでしょう。

貯金には手を付けないように工夫を!

過去の自分が必死に貯金したお金も、今の自分には臨時収入にしか見えなくなることがありますよね。せっかく貯めたお金は、手が届かないところに貯金する工夫をしましょう。

一番身近で手軽な手の届かない預金先は定期預金でしょう。毎月決まった金額を原則として満期まで引き落としができないようにしてくれるので、つい貯金に手を出してしまうという方におすすめです。

1〜2年で定期預金の見直しを!

銀行によって金利が違いますので、できるだけ金利の良い銀行に預けたほうが得です。また、将来もっと金利が高い銀行が出てくる場合があるので、定期預金の期間は1〜2年にしてその都度見直しましょう。

あと1万円多く貯める!見落としがちな節約ポイント

何かとイベント事の多くなる年末年始。結婚式や忘年会・歓送迎会が多くなると気になるのが出費。イベントは楽しみながら、少しでも出費を抑えられたら良いですよね。今回は、少しの工夫で急な出費にも備えられる!実は見落としがちな節約ポイントをご紹介します。
2701

自分を褒めてあげられる1年にしよう♡

挑戦しやすく挫折もしやすい貯金。いままで何度も挫けてきたなら、今度こそ成功させましょう!いつどんなものにいくらかかるか、予算を割り出して挑めば怖いものなしですよ。今年は余裕のある1年にしましょうね。

節約&ダイエットが同時に叶う!簡単5つの「スリム習慣」

節約とダイエットを同時に叶えることができる習慣を取り入れてみませんか?実はシンプルで簡単なことばかり。続けることで人生が輝き始めますよ。
4628
記事に関するお問い合わせ