無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あと一品何にしよう?を解決!困った時の簡単残り物おかず9選♡

時間をかけずにもう一品おかずを作りたい!そんな悩みを解消してくれる、簡単レシピをまとめました。冷蔵庫にある余ったもので作れるので、困った時に役立つこと間違いなしですよ。

2017年2月
レシピ

あと一品、簡単なおかずが欲しい!

メインの料理は決まったけど、なんだか物足りない。もう一品簡単に作れるおかずが欲しい!そんな時って結構ありますよね。

emi ⋆。˚✩ ♡ on Instagram: “おはようございます ・ ・ 先日、新しく さらいふさん(@saraifu_official ) から届いた リンカの24プレート ・ ・ リンカのシリーズは お気に入りで、 とにかく 使いやすい ❤︎ お花の形も素敵で、 割と地味ーな(笑) おかずをのせても  テーブルが…”
instagram.com

今回はそんな時に頼りたい、冷蔵庫の中の余った食材で作れるお助けレシピをご紹介いたします。簡単なのに彩りも豊かで、テーブルがパッと華やかになること間違いなしです。早速チェックしてみて下さいね。

余った食材で作れる♡お助けレシピ9選

①お豆腐のとろとろかき玉あん

oceans-nadia.com

豆腐と卵で作れる、とろとろ食感で食べやすいかき玉あん。だし汁が効いた優しい味わいで、そのまま食べるのはもちろん、ご飯に掛けたりあんかけうどんにして食べるのもおすすめです。

お豆腐のとろとろかき玉あん

②新玉ねぎのステーキ 豚のマスタード炒めのせ

oceans-nadia.com

輪切りにした玉ねぎのステーキと豚肉炒めの組み合わせ。どちらもフライパンで焼くだけなので余計な手間はいりません。シンプルですが大人も子供も食べられ、お肉と野菜が一緒に摂れるおすすめメニューです。

新玉ねぎのステーキ 豚のマスタード炒めのせ

③肉じゃがライススコップコロッケ

oceans-nadia.com

前の日に作った肉じゃがを使ってできるスコップコロッケ。具をマッシュして残りご飯を混ぜたら、パン粉を表面にまぶして焼き上げるだけ。見た目もオシャレで華やかになるので、肉じゃがをまた違った雰囲気で楽しめます。

肉じゃがライススコップコロッケ

④カリカリ油揚げスティック明太風味

oceans-nadia.com

油揚げに明太子やチーズを乗せ、レンジで加熱するとカリカリの食感に。スティック状にカットすれば食べやすく、食卓にも出しやすい一品に。お酒のおつまみにも最適なので男性にも喜ばれそうです。

カリカリ油揚げスティック明太風味

⑤鶏担々そうめん

oceans-nadia.com

余りがちなそうめんを活用した鶏坦々麺。鶏ひき肉をたっぷり盛り付けることで、食べ応えもありお子さんにも喜ばれる味に。その上ひき肉の調理はレンジで行うので手間もかからず簡単です。

鶏担々そうめん

⑥餃子の皮で明太チーズカップグラタン

oceans-nadia.com

余った餃子の皮をカップにして作るミニグラタン。ジャガイモやチーズなどの具材を入れて焼き上げれば、見た目も可愛く食べやすいおかずの完成です。お弁当のおかずに入れても喜ばれること間違いなしです。

餃子の皮で明太チーズカップグラタン

⑦ミニトマトとツナのだしマリネ

oceans-nadia.com

食卓に彩りが足りないかな?という時は、プチトマトとツナのマリネはいかがでしょうか。酸味の効いた味付けでもりもり食べられるので、作り置きしておいても便利ですね。

ミニトマトとツナのだしマリネ

⑧残りご飯でライスコロッケ

oceans-nadia.com

ケチャップライスを作らなくていいので簡単にできるライスコロッケ。ごはんにチーズとバターを混ぜ合わせて丸めていき、油で揚げれば一口サイズの可愛いコロッケの出来上がりです。

残りご飯でライスコロッケ

⑨納豆オムレツ

oceans-nadia.com

余りがちな納豆を使ったオムライス。納豆のタレを使うことで簡単に調理でき、朝ごはんにもおすすめです。納豆だけでなく、好みの具材を入れて何種類か作ってみるのも楽しそうですね。

納豆オムレツ

お助けメニューで食卓を彩ろう♡

Mizuki【料理ブロガー・簡単レシピ】 on Instagram: “・ ♡豆腐がごちそう♡ 豚焼肉のせ豆腐ステーキ ・ おはようございます♩ 今朝のブログでは がっつり食べ応えのある#豆腐ステーキ を ご紹介させて頂きました♫ こんがり焼いたお豆腐に焼肉(豚肉)をのせた メイン級のごちそうおかずです♡ 味付けは#焼肉のたれ で間違いなし♩…”
instagram.com

豪華で華やかな食事を毎日作るのはとても大変なもの。余ったもので短時間に作れるお助けメニューを活用すれば、手間をかけなくてもテーブルが賑やかになります。あと一品欲しいという時に、参考にしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ