無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2017年の幸運を先取り♡ 日本の暦を味方にして「ツキ」を動かす方法

何か物事を新しく始める時、大安は気にしても暦を意識する方は少ないのでは?実は、日本には幸運日とされる吉日がたくさん存在しているのです。中には一年のうちで“最強な吉日”も!今回は、そんな知られざる暦の種類と、過ごし方についてご紹介したいと思います。

2017年1月
ライフスタイル

縁起の良い日は大安だけじゃない!?

結婚式を挙げたり、宝くじを買ったりする日に「大安」を選ぶ方も多いはず。確かに、六曜の中でも大安は誰もが知る縁起の良い代表格。しかし、日本の暦の中で縁起の良いとされる日が他にもあるのをご存知ですか?

大安は、毎月だいたい4~6日くらいの頻度で巡ってきますが、それよりも強力なパワーを持つ“レアな吉日”があるのです。今回は、知られざる日本の暦についてご紹介していきたいと思います。

大安以外に縁起が良いとされる日って?

① 天赦日(てんしゃにち)

日本の暦の上で、最も縁起が良いとされるのが「天赦日」。年によって巡ってくる日数は変わってきますが、年間にして5~6日しかないとても貴重な日なのです。

「百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日」と言われ、天赦日はいわば百もの神に許されたラッキーな日。ちなみに2017年は、2/20・4/21・5/7・7/6・9/18・12/3が該当日です。

天赦日は年間の日数が少ないことから、大安よりも物事を始めるのに適した開運最強日。結婚や入籍はもちろん、開業や引っ越し、宝くじの購入、出生届、上棟式、財布の新調、和解するのにオススメです。

② 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

その名のとおり、一粒が何倍にも膨れ上がる意味を持ち、昔は種まきに適した日とされていました。あまり聞き慣れない日ですが、宝くじ売り場で目にした方も多いのでは?

この日は、お金が何倍にも膨らみ増えるといった金運アップにつながる吉日であることから、宝くじの購入やお財布の購入や使い始め、開業、仕事&習い事始め、出資、募金、銀行口座の開設などにオススメ。

2017年には一粒万倍日が58回もあり、月単位で3~7回ほど。ただし、この日に借金や物を借りる(クレジットでの支払い)と、苦労の種を増やすことになるので避けるようにしましょう。

2017年「一粒万倍日」をチェック

③ 巳の日(みのひ)

巳とはヘビのことで、ヘビには財を育てるパワーがあると言われています。この日のヘビは、赤い目をした白蛇で「金運の女神」を指し、七福神の紅一点「弁財天」の遣いなのだそう。

つまり、この巳の日に白蛇へお願いすることで、弁財天へ願いを届けてくれます。巳の日は、12日に一度のタイミングで巡ってきますが、さらに60日周期で来る己巳(つちのとみ)の日がより縁起の良い吉日。

己巳の日は天赦日同様、年間6~7日しかないので、この日に金運に関わる行動をすると願いが叶いやすくなるかもしれません。財布を購入する日としてもオススメです。

2017年「巳の日」をチェック

④ 寅の日(とらのひ)

寅の日は、12日ごとに巡ってくる吉日。トラは「千里の道を駆け巡り、また一瞬で戻って来る」動物とされ、出したものが戻ってくると言われることから、旅行や漁に出ると安全に戻るという言い伝えがあるのだとか。

また、財布から出ていったお金も一瞬で戻ってくると言われていることから、財布を使い始めるのにふさわしい日とも。新しくお財布を買った場合は、寅の日から新調すると言いでしょう。

逆に、戻ってきては困ることもありますよね。例えば、結婚で嫁に出ていったのに、すぐ戻ってきてしまっては大変。葬儀の日もふさわしくないと言われているので、これらは避けるようにしましょう。

2017年「寅の日」をチェック

天赦日+一粒万倍日は超絶吉日!

実は、これらの暦で重なる日にちも出てきます。もちろん重なれば重なるほど吉日ですが、その中でも超絶吉日と言われているのが、天赦日と一粒万倍日が重なった日。年によって日数が変動する希少な日なのです。

ちなみに2017年の超絶吉日は、7月6日(木)のみ!この日だけは、意識しておきたいところ。タイミング的にも、宝くじを買うならまさにこの日がベストかもしれません。

暦を味方にして運を先取りしよう♡

日本の暦にこんなにたくさん幸運日があるなんて、意外に思われた方も多いはず。それぞれの吉日をカレンダーや手帳などでチェックして、実りある一年にしてくださいね。

iPhoneアプリ「2017年金運カレンダー」をチェック
記事に関するお問い合わせ