無料の会員登録をすると
お気に入りができます

湿気が多くなる前にやらないとヤバイ!今こそ、しておくべき家事4選

ライフスタイル

8坪の狭小住宅3階建てに夫・娘2人と住みシンプルライフを目指す整理収納大好き!ライターのmiokoです。

湿気の多いの季節はカビや菌が発生しやすいですよね。湿気の少ない今こそやるべき!やっておくと後で楽になる家事をご紹介します。

カビを生えにくくするお風呂のくん煙剤

浴室内を清潔にしているのに梅雨の時期になるとカビが生えませんか。意外と盲点なのがお風呂の天井に潜む見えないカビなんです。天井を定期的にお掃除していないと見えないカビの胞子が浴室に落ちてきてお風呂全体のカビの原因となるんですよ。でも天井のお掃除って大変ですよね。なので私は定期的にお風呂のくん煙剤を使用しています。

くん煙剤を使用すると天井の除菌が簡単に出来て、浴室全体のピンク汚れが出にくくなります。日常のお掃除がとても楽になるんですよ。

使用方法は少量のお水を容器に入れてセットするだけ。勢いよく煙が出た後、90分放置して換気するだけで浴室全体の除菌が出来るんです。

使用目安は2カ月に1回。梅雨前の今の時期に使用しておけばジメジメする季節になってもカビが生える心配もありません。カビが生えてカビ取り剤で格闘するより、予防に重きを置いた方が効率的ですよね。

大物衣類を洗って衣替えを終わらせておく

冬物衣料がまだ出しっぱなしになっていませんか。冬物衣料は早めに洗濯して収納しましょう。一度着ただけでも長期間収納しているとシミが発生したりするので大切な衣料は必ず洗って。晴れた日に洗って干せばカラリと乾いて気持ちよく収納できますよね。

又、衣類に防虫剤を使用する場合はクローゼットの上の方に掛けます。防虫剤の成分は上から下に行くので下に置くと効果が半減してしまいます。逆に湿気は下に溜まりやすいので除湿剤は下に置くと効果的です。

羽毛布団も収納しておこう

羽毛布団を使用している場合は、同じく湿度の低い日に外で干してから収納します。湿度のある日に収納してしまうとカビやダニが発生したりニオイの原因にもなるんですよ。

収納の少ない我が家は無印良品の衣裳ケースを使用して羽毛ふとんを収納しています。コンパクトな我が家にピッタリサイズなんです。ゴミ袋に入れて軽く圧縮してからケースに入れます。

ゴミ袋は再利用出来るしエコ!

羽毛は圧縮しすぎると羽毛が折れたり傷めてしまうので軽く圧縮がポイントです。ゴミ袋の空気を少し抜いただけでも大分嵩が減って収納しやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ