無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗い流さないトリートメントはどれがいい?おすすめの市販商品

ヘアスタイル

洗い流さないトリートメントの役割とは?

髪の乾燥・絡みを防ぐ

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーで乾かす前の濡れた髪につけると効果的です。髪の乾燥や絡まりやパサつきを抑えてくれ、ダメージを防ぎます。

ドライヤーの熱から髪を守る

耐熱性に優れた洗い流さないトリートメントは、ドライヤーやヘアアイロンを使う前につけましょう。熱から髪を守ってくれるだけでなく、摩擦を抑えたり乾燥を防いだりする効果があります。

スタイリングの仕上げに

スタイリングのあとに洗い流さないトリートメントをつけると、髪がしっとりまとまりやすくなります。パサつきや広がりのある髪も、さらさらな仕上がりになります。

寝ぐせ直しに

オイルタイプやミルクタイプの洗い流さないトリートメントは、保湿効果が高いものを選ぶと◎。ちょっとした寝ぐせなら、洗い流さないトリートメントをつけるだけで直るので、スタイリング時間が短縮できます。

お出かけ中のヘアケアに

お出かけ先で髪の乾燥が気になることはよくありますよね。そんなときは、毛先や乾燥している部分に洗い流さないトリートメントをつけてあげると、保湿効果で髪がしっとりします。
お好みの香りのトリートメントを選べば、フレグランス代わりになります。

口コミ評価が高い洗い流さないトリートメント

ナプラ N. ポリッシュオイル

多くのサロンでも使われているヘアオイルです。天然由来成分だけでつくられており、保湿効果が高いのが特徴です。
伸びが良いため少量を手のひらになじませてから、毛先を中心につけていきましょう。濡れ感のあるおしゃれなスタイルに仕上がりになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ