無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬は『自分の名前』を理解できている?どう認識しているの?

私たち飼い主は、愛犬に必ず『名前』を付けます。2019年の総合1位は『ココ』という名前だったそうです。しかし、犬は自分の名前を『名前』として理解できているのでしょうか。また、自分の名前をどのように認識してるのでしょうか。

ペット

『犬の名前』…犬は理解しているの?

今回は、犬の名前を犬自身が理解しているのかという疑問について、解説していきます。長く空人間の家族として親しまれてきた犬。最近では、犬の名前ランキングも発表されていて、2019年の総合1位、女の子1位は共に『ココ』、男の子の1位は『コタロウ』でした。

さて、このように犬に対して飼い主が名付ける『犬の名前』ですが、犬自身は自分の名前を『名前』として理解しているのでしょうか。結論から言うと、犬は自分の名前を『名前』として理解していません。

「でも、うちの子は名前を呼ぶと必ず振り返ってくれるよ」という飼い主さんも多いでしょう。しかし、犬には『名前』という概念は存在しません。そのため、『名前』としては認識していないのです。

犬は名前をどのように認識しているの?

名前を『名前』として認識していない犬たち。しかし、こちらが名前を呼ぶと、ちゃんと振り返ってくれたり、近付いてきてくれたりと、何らかの反応を見せてくれますよね。この様子を見ていると、「名前として認識しているのでは?」と思えてきます。

しかし、前述したように犬に『名前』という概念はありません。では、どのように『名前』を認識しているのでしょうか。

犬は人間が呼ぶ『名前』を一種の『言葉』として捉えています。『名前』という概念はない犬ですが、共に暮らしていくうちに、1つ1つの言葉に意味があることを理解していきます。そのため、飼い主が愛犬に『名前』を呼びかけ続けたことで、「自分に話しかけている」という認識は持っているのです。

「自分に話しかけている」という認識には2つのパターンがある

ですが、この「自分に話しかけている」という認識には、大きく分けて2パターン存在します。1つは「これから良いことが起こるかもしれない」というポジティブな認識です。もう1つは「また怒られるかも」というネガティブな認識が挙げられます。

なぜ同じ認識であってもこのように印象が異なるのでしょうか。それは、飼い主が『犬の名前』を呼んだ後に起こす行動に関連しています。

例えば、愛犬の名前を呼んだ後に、ごはんをあげていたり、散歩に連れて行ったりと、愛犬にとって嬉しいことが起こる場合、犬は『名前』という言葉を「良いことが起こる魔法の言葉」として捉えるようになります。

しかし、愛犬の名前を呼んだ後に、叱ったり、怒ったりする頻度が高い場合、犬は『名前』に対してネガティブな印象を持ちます。そのため、名前を呼ばれる度に「また怒られるのかも」「嫌な事が起こるぞ」と身構えるようになってしまうのです。

犬が名前に反応してくれない…なぜ?

犬にとって1つの『言葉』として捉えている犬の名前ですが、中には愛犬の名前を呼んでも反応してくれないというご家庭もあります。日が浅い場合は、自分に対して話しかけている言葉として認識していない可能性が高いですが、そうでない場合は以下の理由が考えられます。

・嫌な事が起こる前触れとして聞こえないふりをしている
・名前が長く聞き取りづらい
・毎回違う呼び方で犬自身が覚えていない

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ