無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラサー世代は要注意!イマドキ男子が感じる「おばさん」と「おねえさん」6つの境界線 

年齢的にも「おばさん」と「おねえさん」の境界線が気になりやすいアラサー世代。「おばさん」と一度判断されたら恋愛対象としてNGとなってしまうかも…。今回は、イマドキ男子が感じる「おばさん」と「おねえさん」の境界線になる言動をご紹介します。

恋愛・結婚

場所、わきまえてる?

仲のいい友達と気兼ねなく話をするのが楽しくて、夢中になり過ぎて声が大きくなったり、酔いが回って、周りに迷惑をかけているようなら要注意。個室でも、騒ぎすぎたり、くつろぎすぎは幻滅されます。

話題が暗い

女子会の話題が「健康」や「病気」「老後の不安」など、不安でマイナスな気分になるような話題が中心になっていませんか?話の内容がネガティブで後ろ向きばかりだと、おばさんなイメージを持たれやすいんです。

イメージが悪い「女子会」

「女子会」と聞くと、「悪口大会をしてる」「彼氏や旦那の文句を言う場所」などのイメージを持っている男性も多いんです。そんな女子会こそ「井戸端会議」になりやすく、おばさん扱いされる原因になります。

④主張しすぎな「アニマル柄」

コーデのポイントとして「アニマル柄」を合わせるのはおしゃれ上級者のスタイリングですが、アニマル柄が主張しすぎると一気に「おばちゃん」っぽくなってしまいます。

取り入れるなら、小物

アニマル柄を取り入れるなら、小物で取り入れるのがおすすめです。洋服で取り入れると合わせ方が難しかったり、そこだけ浮いてしまうので小物で取り入れるとさりげなくおしゃれな印象に。

api.shopstyle.com

⑤「平成生まれ」に敏感

アラサー世代と呼ばれる年代のほとんどが昭和最後の生まれで、「平成生まれ」と聞いて敏感になる人も多いんです。会話がかみ合わなかったり、盛り上がるポイントが違いジェネレーションギャップを感じることも。

「死語」っていつまで使う?

何気なくずっと使ってきた言葉も、知らない間に「死語」になっていることも。新しい流行に敏感になるように、言葉にもアンテナを高く張っておきましょう。

記事に関するお問い合わせ