無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラサー世代は要注意!イマドキ男子が感じる「おばさん」と「おねえさん」6つの境界線 

年齢的にも「おばさん」と「おねえさん」の境界線が気になりやすいアラサー世代。「おばさん」と一度判断されたら恋愛対象としてNGとなってしまうかも…。今回は、イマドキ男子が感じる「おばさん」と「おねえさん」の境界線になる言動をご紹介します。

恋愛・結婚

⑥「下ネタ」に抵抗がなくなる

恋愛相談の延長線上で「下ネタ」は女子会でも話題になることもありますよね。こっそりと話すなら良いですが、つい盛り上がって騒いでしまっていませんか?特にデリケートな話題こそ、内輪 で話すべき話題です。

男性の前でも平気?

男性がいても下ネタを堂々と話してしまう女性は「おばさん」扱いされてしまうようです。恥じらいがなかったり、酔っていなくても大声で絡んでくるようになるとタチが悪いおばさん扱いされてしまうので要注意です。

「キレイなおねえさん」を目指そう!

「おねえさん」と「おばさん」の境界線は、紙一重。おばさん扱いされてしまうと、イメージを覆すのは難しくなります。いつまでも「キレイなおねえさん」を目指して、意識してみてください。

記事に関するお問い合わせ