無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は騙してます♡誰でも“小顔”に見える5つのテクニック

出来ることなら今よりもっと小顔になりたい。そう思っている女性は多いはず。ここでは簡単に小顔に見せることができるテクニックをご紹介していきます。

2017年2月
美容

どうにか小顔に見せたい!

顔が小さいだけで美しくスタイルが良い印象になるもの。どうにか小顔になりたい!と思ったことのある女性は多いのではないでしょうか?

とはいえ顔を小さくするのは、骨格の問題などもありそう簡単ではありません。マッサージやエクササイズはある程度の効果が期待できますが、時間をかける必要があります。

大切なのは、小顔に“見せる”こと!

そこで知りたいのが、小顔に見せるテクニックです!実際のサイズは変わらなくても、顔が小さい印象を与えることができます。

小顔に見せることができれば、美人度が上がること間違いなし!ポイントをおさえてぜひ取り入れてみてください。

1.姿勢を正す

まずは鏡の前で、背筋を伸ばして顎を軽くひいてみましょう。それだけでぐっと小顔に見えることが分かるはずです。猫背で顎が上がった状態だと、顔が大きく、エラが張っているように見えてしまいます。

Photo by Christopher Campbell / Unsplash

姿勢が悪いと骨格が歪む、血行不良になり顔がむくみやすくなるといったデメリットも!小顔な女性は必ずと言って良いほど、美しい姿勢をキープしていますよ。

2、目を開いて、口角を上げる

姿勢を正したら今度は表情筋を働かせてみましょう。こめかみを引き上げるようなイメージで目をパッチリ開きます。さらににっこりと表情を作り口角を上げてみてください。

あごのラインの筋肉がキュッと引きあがるのを感じられるはず!これでさらに小顔に見えます。不機嫌な顔をしていると頬が下がり、むくんだ印象になるのでご注意を。普段から明るい表情を心掛けましょう!

3、髪にボリューム&後れ毛を

小顔を見せるためにはヘアスタイルも大切です。分け目がペタッとしていたり、髪に揺れ感がないと顔だけに視線が集まり大きく見えてしまいます。

いつもと分ける場所を変えジグザグな分け目にすれば、ふわっとボリュームが出て小顔効果を狙えます。ヘアアレンジをするときには、顔周りに後れ毛をだすことを忘れずに♡

記事に関するお問い合わせ