無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これなら恥ずかしくない♡大人女子だから可愛い「大人の甘え方」講座

甘えたい相手はいるけれど、昔のように無邪気に甘えるのは恥ずかしい…そんな複雑な大人の女心。大人の女性だからこその「甘え方」があるんです。

2017年2月
恋愛・結婚

甘えたいけど恥ずかしい…

大人だからこその「甘え方」があるの♡

恋人や旦那さん、もしくは気になる男性など、甘えたい相手はいるけど、もう良い年齢だしちょっと恥ずかしい…。そんな風に思っている甘え下手さんはいませんか?

実は大人女子だからこそ魅力的な「甘え方」があるのです。そこで、恥ずかしい人でも実践できる「大人の甘え方」を学んでいきましょう。

基本の「大人の甘え方」講座

セクシーに甘えて

「寂しいから会いたい!」「もっとメールしてよ」というわがままな甘え方は、大人の女性にはミスマッチ。基本的にはいつも大人として落ち着いた振る舞いで過ごしましょう。

そして、甘えるときだけ隙を見せるのです。普段とのギャップ姿に男性はドキッとするはず。大人の甘え方はかわいくも隙があってセクシーなのがポイントです。

「ありがとう」の気持ちを忘れずに

甘えさせてくれてありがとう、と感謝する気持ちも大切です。甘えたときに「いつもありがとうね」「頼りにしてるよ」なんて言われたら、男性だってなんだかうれしいはず。

相手にまた甘えてほしいと思ってもらえれば、楽な気持ちで甘えられるでしょう。

甘える・甘えられるの関係が理想

どちらか一方だけが甘えてしまうと、関係性が対等ではなくなってしまいます。大人の恋愛は、頼り・頼られるという関係性が理想です。そこで自分が甘えるだけでなく、彼が甘えやすい環境を作ることも考えましょう。

男性だって甘えたい気分になる!彼が甘えたいときのサイン6選

彼に甘えることはあっても、彼から甘えられることは少ないかもしれませんね。しかし、男性だって彼女に甘えたくなるときがあるのです。そんなときのサインを見逃してはいませんか?
1443

では、シチュエーション別に具体的な甘え方について解説します。

記事に関するお問い合わせ