無料の会員登録をすると
お気に入りができます

うわべに惑わされないで!男性の言葉に隠れた意外な真意6選

気になっている人や仲の良い男性が発した、思わずドキッとしてしまうような言葉。実はその言葉には意外な真意が隠れているかも。実際のフレーズとあわせて男性の心理を学びましょう。

2017年2月
恋愛・結婚

言葉と本音、意外と違う?

思わせぶりフレーズの真意を探りたい

気になる男性や仲の良い男性から、ドキッとするような言葉をかけられたことはありませんか。気になる男性だったらうれしくなってしまいますし、仲の良い男性でもつい意識してしまうでしょう。

しかし、男性からすると好意を伝えたわけではない真意が隠れているようなのです。そこで、実際の思わせぶりフレーズから探る、言葉の真意を解説します。

1.「かわいい」「キレイだね」

思っただけで好意とは無関係?

気になる男性から「かわいいよね」「キレイだね」なんて言われたら、うれしいですよね。しかし、素直にそう思っただけで、好意があるとは限らないようです。

特に口べたな人だと、好意的な相手には素直になれない人も多く、相手を褒めるなんてことがなかなかできないこともあります。本当に好意がある場合は具体的に褒めてくれます。

「笑顔がかわいい」とか「髪が本当にキレイだよね」とか。また二人きりのときだったり、何度も褒めてくれるのも好意がある可能性が高いです。ただし、口がうまいだけかもしれないのでご注意を。

2.「モテそうだよね」

口がうまい or 探ってる

これにはいくつかの真意があるようです。「モテそう」「彼氏いそう」と言っておけば相手は良い気分になるので、口説き文句の一つとして言っておけばOKなんてチャラい男性もいます。

また、実際にモテそうと思っていて、あなたの恋愛経験を探ろうとしているのかもしれません。モテそうだから俺なんか相手にされない、という諦めや敬遠の意味で言ってる人もいます。

3.「休日は何してる?」

話のつなぎに言ってるだけかも

記事に関するお問い合わせ