無料の会員登録をすると
お気に入りができます

在宅ワーク疲れ…おうち仕事で効率を上げる大切な時間3つ #49

ライフスタイル

3. 脚を動かす時間

長時間の座り仕事でドッと疲れが溜まるのは、ずばり脚と腰です。

立ち仕事に比べると、脚や腰への負担は減るのでは? と思いそうですが、実際に長時間同じ体勢でミーティングをしたり資料を作ったりしていると、立ち仕事と同じくらいの疲労感を感じることでしょう。

そこでおすすめは、トイレに行ったり飲み物を取りにいったりとこまめに、脚を動かす時間を作ることです。また、仕事後のお風呂ではボディソープをつけながら太ももの付け根や膝裏、くるぶしなどリンパを流す意識でマッサージし、脚の下に布団やクッションを置いて脚を少し高くして寝ると翌日むくみが軽減されていると思います。

動かずに仕事ができることが、だんだん脚のむくみや腰の痛みに変わってくるので、毎日こまめにほぐす時間を作ってみてください。

Point☆ちょこっと美容マメ知識
座り仕事は、脚のむくみに直結!

「行動配分」をしっかり決めよう

おうち仕事でも効率よくこなすために、健康、美容をサポートする時間を作りましょう。行動パターンを見直してみてくださいね。

★『ちょこっと美容マメ知識』では、あなたの美容に関する疑問やお悩みを大募集しています!リクエストがある方は、harakoオフィシャルブログ【記事リクエストフォーム】まで、お気軽にメッセージを送ってくださいね♪

【記事リクエストフォーム】

★ライター・harakoのSNSもチェックしてね!
ツイッター

https://twitter.com/writer_harako?lang=ja

インスタグラム

https://www.instagram.com/harako.writer/

オフィシャルブログ

https://harako.jp/

©Westend61/Gettyimages
©Westend61/Gettyimages
©Gregory Van Gansen/Gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ