無料の会員登録をすると
お気に入りができます

地雷を避けろ!アクの強い上司&同僚に振り回されない掟5つ

春になると、人事異動などで新しい上司&同僚との出会いが多くなります。でも、もしその新しい上司&同僚がひとクセある人だったら?ここではそんな人間関係での地雷を上手にスルーできるフレーズをタイプ別に紹介します。

2017年2月
カルチャー

実は地雷にもなる「誉め言葉」

shirt×scarf
instagram.com

相手の心を開かせて快適なコミュニケーションを取るために、「とにかく持ち上げて誉めればいい」というのは間違いです。的外れな誉め言葉は、かえって相手の心象を害してしまうことにもなりかねません。

①「ハゲもとい薄毛」タイプ

自ら「ハゲ」と言うくせに、他人がそう言うと怒る…。このように、扱いが難しい上司の一つが「ハゲもとい薄毛」タイプです。基本的にこのような人に「ハゲ」と言うのは最大の禁句。あくまで「薄毛」で通します。

OKワード「ブルース・ウィリスみたい!」

実は欧米ではハゲた人=「男らしい」というプラスイメージもあります。それを踏まえたうえで、その人の薄毛のパターンに合わせ、同様のパターンを持ったハリウッドスターの名前を暗記しておくとよいでしょう。

②「超親バカ」タイプ

基本的に子供のことを褒められてうれしくない親はいません。ましてや「超親バカ」タイプの人ならば、どんな誉め言葉でも素直に受け取ってくれる傾向があります。

OKワード「絶対パパ&ママのこと好きでしょうね」

Pin it
ピンもと: babynameslog.com
6
19

ただし、「〇〇さんのところの子よりもかわいいね」といった、具体的な対象をあげて比較するのは絶対にやめましょう。「他の人の前では、うちの子も比較されているのかも」と思われてしまう危険性があるからです。

③「俺は常に忙しい」タイプ

Pin it
ピンもと: menstyle1.com
18

常にバタバタと走り回り、「忙しい」や「寝ていない」が口癖。職場にもたいてい一人はいるタイプです。ところがよく観察すると、実は単に要領が悪すぎたり、余計な雑談が多いだけの「忙しさ」だったりします。

OKワード「一体、いつ寝ているんですか?」

pixabay.com

こんな人に「じゃあ、休めば?」という的確なアドバイスは不要です。彼らは「忙しい=かっこいい」と思っているため、誰かにかっこいい自分を認めてもらえれば十分なのです。さらっと流して別の話題に変えましょう。

④「偽サバサバ系」タイプ

一見、小さなことは気にしない「サバサバ系」をアピールつつも、実はしっかり根に持っている「偽サバサバ系」。正直、取り扱いには注意が必要なタイプです。

Pin it
ピンもと: angelalanter.com
3
899

OKワード「〇〇さんの実はかわいい所、いいですね」

このような人を「サバサバしてますね」と誉めると、逆に増長してしまう危険性があります。「偽サバザバ系」は、実は心は乙女であるため、「かわいい」ところを褒めると意外性がある分、心に残ることでしょう。

⑤「やたらと意識が高い系」タイプ

時代の動きに敏感で自分磨きにこだわりを持つ「意識が高い」人たち。これを表面上で模倣するも中身がついていかないタイプは「意識高い系」と言われます。けれども彼らを「意識高い系だね」と言ってはいけません。

OKワード「10年後が楽しみです」

彼らはネットの情報に詳しく「意識高い系」が誉め言葉でないことを知っているからです。根拠のない自信にあふれる彼らの10年後は、どう転んでも興味深いもの。見果てぬ夢を語りだしたらかけるべき一言です。

まずは相手を知るところから

たとえ、苦手なタイプであっても、探せばどこかに良いところがあるはずです。それを見つけだし、他人を褒め続ければ、それはいつかあなた自身に帰ってくるはずです。まずは相手を知るところから始めましょう。

記事に関するお問い合わせ