無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

内側の美しさは外見にも表れる♡今始めたいインナーケアのすすめ

美容

スキンケアの効果を感じられなくなったら…

しっかり肌のお手入れをしているはずなのに、お肌に何となくハリがなって、くすんで感じる…なんてことはありませんか?

fizkes / Getty Images

仕事でも恋愛でも家庭でも、一生懸命頑張っているロカリ世代が、いまいちスキンケアの効果を実感できなくなったときに見直すべきは「体の内側」です。

インナーケアって?

お肌の状態は、体の内側の状態を表しているとも言われています。「インナーケア」とは、内側を整えることで、美容や健康にアプローチする美容法です。

LightFieldStudios / Getty Images

「バランスのいい食事は美肌になる。」「腸が健康になると美肌になる。」「体を動かすと肌がきれいになる。」などなど、巷で言われている美容習慣のほとんどは、すべてインナーケアに繋がっています。

istetiana / Getty Images

スキンケアと同じくらい、日々の美容に深く関わっているインナーケア。良質な睡眠・バランスのいい食事・適度な運動の3ポイントからアプローチして、ストレスやエイジングにも負けない美肌を手に入れましょう。

良質な睡眠

徹夜した朝は、鏡を見るのも嫌になるほど、肌にダメージが現れるものですよね。しかし反対に、良く眠れた日の翌朝は肌が生き生きとしているものです。それほど睡眠と美肌の関係は密接に繋がっています。

gorodenkoff / Getty Images

良質な睡眠は身体の新陳代謝を促して、老化を防止したり、肌のターンオーバーを促進する効果があるのだとか。インナーケアを目指すためには、「質のいい睡眠」をとることが欠かせないポイントです。

寝る2時間前には携帯はオフに

DGLimages / Getty Images

良質な睡眠をとるためには、眠りにつく前に携帯はオフにするのがおすすめ。ブルーライトは体内時計を狂わせ、自然にやってくるはずだった眠気を遠ざけてしまいます。

お風呂でしっかり体を温めておく

お風呂でリラックスすることも良質な睡眠をとるのには欠かせません。

YuriF / Getty Images
記事に関するお問い合わせ