無料の会員登録をすると
お気に入りができます

並べるだけでこんなに華やか♡「#モザイク弁当」を真似したい!

常に進化し続けるお弁当の盛り付けやグッズ。ママはマスターするのが大変ですよね。そんな中、最近SNSで注目されているのが「#モザイク弁当」。並べるだけで美しく仕上がる!と話題になっていますよ。

2017年2月
レシピ

お弁当は彩りが大事

お弁当の楽しさは、限られたスペースに美味しさがいっぱい詰まっているところです。好きなものが入っていたり、彩りが美しいと、蓋を開けた瞬間にテンション上がりますよね。

「彩りが良いと栄養バランスも良い」と聞きますが、これは本当の話。栄養のことを考えながらお弁当を作るのはとても大変ですが、彩りを見ながら詰めるだけで、比較的栄養バランスも取れるんですよ。

Media?size=l
instagram.com

そこでオススメしたいのが、今回ご紹介する「モザイク弁当」。複数種類の食材を、向きや順番を変えて並べるだけで完成するので、そんなに難しくありません。もちろん、彩りも素晴らしく芸術的に仕上がりますよ。

具体的にどのようなものなのか、作り方を含め実際のお弁当を見ていきましょう。

明日のお弁当にも使える♡ご飯が進む激ウマ10分おかず8選

毎日のお弁当作りを楽にする10分おかずのレパートリーを増やしてみませんか?白いごはんが進む、絶品で時短もできるおかずレシピをまとめて紹介します。
19590

モザイク弁当の作り方

材料

鶏そぼろ、卵、ほうれん草、きゅうり、カニカマ…基本、お好みの食材で大丈夫です。きれいな色合いになるようにできるだけカラフルな食材を選ぶと良いですね。

作り方

それぞれ味付けをした食材を細かくカットします。食材によっては千切りにしたりモザイク自体の大きさにしたり、変化を付けてもいいですね。あとは敷き詰めた白米の上に具材をモザイク状に並べていくだけ。簡単ですよね。

Media?size=l
instagram.com

キュウリは皮と果肉の色が違うので、格子状に組み合わせたものを詰めるとキレイですよ。お豆もランダム乗せたり整列させたり、あなたのセンスで詰めていきましょう!

みんなのお弁当はこんな風♡

Media?size=l
instagram.com

こちらは、ご飯にごま油を混ぜたビビンパモザイク弁当。細長くカットした素材を縦横交互になるように並べるだけで表情が変わります。シンプルな食材でもこんなに華やかになりますよ。

Media?size=l
instagram.com

ちらし寿司に入れる具材をそのままモザイクに盛り付け。アナゴの甘さやお漬け物の酸味、キュウリの食感…どこから食べても色んな美味しさを楽しめます。

Media?size=l
instagram.com

紫色の大根が存在感抜群のお弁当です。お肉、卵焼き、お野菜に炒め物、いつものお弁当のおかずをモザイクに詰めるだけで、こんなに印象が変わるんですね。

Media?size=l
instagram.com

左側は四角ベース、右側は丸ベース、それぞれ異なる形のモザイクでトッピングです。食材の形を上手に活かしたアレンジです。

Media?size=l
instagram.com

モザイク自体を大きく、たっぷりの具材を盛りつけました。隣り合う具材の味が混ざっても美味しくいただけるように工夫された並べ方、食べる相手への愛情を感じますね。

Media?size=l
instagram.com

お野菜オンリーのヘルシーなモザイク弁当です。甘く炊いたゴボウやお出汁で味付けをしたインゲンに人参、素材の味を活かした椎茸など、食感や味付けが異なる食材を使えば、お野菜だけでもとても満足できますよ。

Media?size=l
instagram.com

こちらは旦那様のお弁当。モザイクの大きさが少しずつ違う、ハイセンスなデザインですね。男性用なら、カラフルよりもデザイン性のある物の方が喜ばれそうです。

Media?size=l
instagram.com

晴れの日のお弁当には、こんな華やかなモザイクはいかがでしょう。丸くカットした人参や大根をモザイクのパーツに合うように敷き詰めるワザやラディッシュを花びらのように重ねるワザはぜひ真似したいですね。

Media?size=l
instagram.com

具材の種類が全部違うバージョンも晴れの日のおもてなし弁当として最適ですね。難しそうですが、梅干しやお漬物、煮豆にきんぴらなど。常備菜を上手に使うことで忙しい朝でもこんなに美しく仕上げることができるんです。

蓋を開けた瞬間が勝負♡

パカッと開けた瞬間のインパクトはかなりのもの。フォトジェニック要素も満点なので、早速作ってSNSで自慢してみませんか?

Media?size=l
instagram.com

自慢したあとは、美味しくいただきます♡

記事に関するお問い合わせ