無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毒舌だと本心は伝わらない。柔らかい言い方になる方法って?

「毒舌だよね」「言い方がきついよね」なんて周りから言われたことはありませんか?毒舌を個性と思っているなら危険です。そのきつい物言いに、周りの人が離れていってしまうかも。もう少し言い方を柔らかくするにはどうしたらよいのでしょうか。

2017年2月
ライフスタイル

「毒舌だね」って言われない?

周りを傷つける言葉ならいらない

よく「毒舌だね」と言われたり、きつい物言いで誰かを傷つけてしまったことはありませんか?自分でも意図していないのに「あなたの言葉に傷ついた」と言われたらショックですよね。

unsplash.com

しかし、悪意がなくても人を傷つけてしまうことには変わりないのです。今のままきつい言い方をしていると、あなたの周りから人が離れてしまうかもしれません。

unsplash.com

あなた自身も「こんな言い方したくなかったのに」と後悔してしまうこともあるのでは?そこで、毒舌を見直して言い方が柔らかくなるような方法を学んでいきましょう。

ポジティブな言葉に変換する

毒舌はネガティブな言葉が多い

基本的に毒舌というのはネガティブな言葉が多いです。そのせいで真意が伝わらないこともあります。たとえば仕事がつらいと友達から相談されて「そんなに嫌ならやめれば?」って言ってしまうとか。

自分としてはその仕事を続けて体や心を壊してほしくない、という心配から言った言葉なのかもしれません。それなら、その本来の気持ちを伝えれば良いのです。

「あなたの身体が心配。どうしてもつらいときはやめても良いんだからね」というように。ポジティブな言葉の方が相手にもきちんと気持ちが伝わり、傷つけることもないでしょう。

断定的な語尾は避けて

相手に投げかける語尾にチェンジ

仕事で「早くしてよ」、デート中に「もう疲れた」。語尾が断定的だと同じ言葉でもきつい言い方に聞こえてしまいます。これを、相手に投げかける言葉として語尾を少し変えてみましょう。

さらに、その発言によって相手にどうしてほしいのかも、きちんと言葉にしてみましょう。「もう少し早めにお願いできるかな?」「疲れちゃったからお店で休憩しない?」と柔らかい言い方にすれば、意図も伝わります。

記事に関するお問い合わせ