無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの人と話してると楽しい♡相手に好印象を与える雑談力のレッスン

話している相手が楽しいと感じるような雑談力があると友達が増えたり世界が広がります。出会いの季節の春を前に、雑談力を身に付けてみませんか?

2017年2月
ライフスタイル

やっぱり必要!コミュニケーション能力

SNSが普及する中、直接顔を合わせて会話をする機会が減り、人と話すのが苦手という人も多いのでは?そんな時身に付けておきたい雑談力とは一体どういったものなのでしょう。

新しい環境で新しい友達を作るときや、職場での上司や後輩とのコミュニケーションに使える雑談力。人に不快感を与えない話し方で場を盛り上げる方法があるなら知りたいですよね。

雑談力の前に。会話で守るべきルール

①相手の口元を見ながら話すこと

相手の目を見ながら話すことは大切です。しかし、話している間中じっと見つめられても落ち着かなくなるので、ベストは相手の口元や鼻のあたりなど目線を少し下げると優しい印象になります。

②相手に合わせること

Pin it
ピンもと: shopstyle.com
1

話し方を相手の雰囲気に合わせることも大切。話すスピードや声の大小、リアクションの大きさなど相手と同じ熱量に合わせることで「あ、この人とは話しやすいな。」という印象を与えられます。

③自分から話しかけること

Pin it
ピンもと: rookiemag.com
16

やっぱり1番大切なのは自分から話しかけたり話題を振ること。天気の話題でもドラマの話題でもいいので、話さないことには次につながりません。日頃からネタになるようなことを頭やノートに書き留めておきましょう。

雑談力を身に付けるには

①大切なのは相槌

pixabay.com

相手の話を聞いているときは、話に合った相槌を打つようにしましょう。「すごいね!」「うんうん!」「なるほど!」など、すこしオーバー気味に相槌を打つと、話をちゃんと聞いてくれていると相手も安心します。

②オウム返しはほどほどに

言葉のオウム返しは有名ですが、やりすぎは不快感を与えるので注意。同じオウム返しをするのでも少し言い方を換えてみたり、何か一言自分の気持ちを付け加えたりして応用しましょう。

例えば、「大変だった」という言葉を「辛かったね」と言い換えたり、「うれしかった」を「うれしいよね。私にもそんなことがあるといいな」と付け加えたりします。

③『5W1H』

「いつ」「誰と」「どこで」「何を」「なんで」「どうやって」この5W1Hを会話の中にうまく入れてつなげていきます。自分が説明するときや相手の話に質問をしたりする時にとても使えるので、ぜひ覚えておいてください。

④感情表現は豊かに

Pin it
ピンもと: eslamoda.com
3

人と話をしているときに無表情やノーリアクションだと、話が盛り上がらず相手も楽しくなくなります。面白いときは笑って、悲しい話では悲しい顔をして相槌を打つなど、感情を豊かに表現してみてください。

⑤相手に興味を持つ

Pin it
ピンもと: zara.com
8
55

自分の話ばかりでなく相手にいろいろな質問をしてみましょう。あまり興味がない話でも、相手のことをもっと知りたいという気持ちをもって接します。あまり聞きすぎても逆効果。適度に話を掘り下げてみてください。

⑥情報を集める

天気やお店、ファッションや近所のことなど新しい情報を常に頭に入れておきます。雑談がうまい人はそういった様々な引出しから話を持ってきて、話題にして広げていきます。

Pin it
ピンもと: galmeetsglam.com
4
53

身近で起きた些細な事から、感じたこと見たものなどをしっかりインプットしておきましょう。話をする相手の好きな食べ物や趣味などの情報を事前に調べて話題に出すのも雑談力の一つです。

雑談力を磨いて盛り上がろう♡

人と会話するのが苦手な人でもコツさえ押さえれば雑談力は自然に身に付きます。話が盛り上がるようなテクニックを頭に入れて、まずは自分から話しかけてみましょう!

記事に関するお問い合わせ