無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ママ必見♡子供と一緒に”散らからない暮らし”をはじめよう!

おもちゃなどで散らかったお部屋をどうにかしたい!と考えているなら、子供と一緒に“散らからない暮らし“を始めてみませんか?少しの工夫で部屋が整理整頓され、すっきり見えるコツをご紹介します。

2017年2月
インテリア

子供がいると散らかるのは仕方ない?

答えはNO!子供がいても整理整頓はできる

小さな子供がいると、おもちゃや文具などでどうしても家や部屋が散らかると諦めていませんか?

でも実はそんなお悩みは少しの工夫で簡単に解決することができるのです。

Pin it
ピンもと: bloglovin.com
2
27

そこで今回は小さなお子様を持つママの参考になる整理整頓&お部屋が綺麗に見えるポイントをまとめてご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

①見せる収納にはバスケットを活用する

中身が見えないから生活感が軽減

毎日使うからといって子供のおもちゃや文房具などはついつい見えやすい場所に放置していませんか?そうした細々したものは、たとえ毎日使うのであっても隠して収納するのが整理整頓の秘訣!

写真のようにシンプルなバスケットを購入してまとめて収納すれば、たとえ使いやすい場所に置いていても見栄えが大きく変わります。

棚と組み合わせればさらに見栄えUP!

さらにバスケットは同じ色柄や形で揃え、複数まとめて使うことで、より整頓された印象に。

写真のように棚と組み合わせれば、よりインテリアとしての機能が上がり、部屋も美しく保つことができます。ぜひ部屋の雰囲気に合わせたバスケットや棚をチョイスしてみてくださいね。

②家具をシンプルなカラーで統一する

シンプルカラーならモノが多くてもスッキリ

子供が使うからといって、ついつい家具を明るく派手なカラーでまとめてしまっていませんか?実はそれ、お部屋をスッキリさせる上ではNGなことも多いのです。

特におもちゃや学校関連のもので色彩に溢れる子供部屋は、家具やカーテンなどの大物こそシンプルなカラーで統一するのがポイント。

家具が落ち着けば、カラーはどんどん追加可能!

それらがシンプルになればなるほど、部屋はスッキリと清潔感とまとまりのある印象に。

またシンプルなカラーの家具は「年齢を経ても飽きずに使える」「他でカラーを足しやすい」といったメリットもあるので、ぜひ家具購入の際はカラーを重視してみてくださいね。

③壁収納は「高・低」を使い分ける

低い位置には子供が自分で楽しめるものを

壁収納といえば、今や確立された立派な収納方法の一つ。でもその一方で壁にモノを置くのは小さな子供がいるから危ないと感じている方も多いのでは?

そんな方には高さに応じた壁収納がおすすめ。子供が手の届く低い位置には本やちょっとしたオモチャなど、安全で子供が自ら楽しめるオモチャを配置すれば怪我の心配もありません。

高い位置には大人のものやインテリアを

反対に高い位置の収納には、植物やランプなどのインテリア小物、オーディオ機器などを配備するのがおすすめ。

Pin it
ピンもと: designsponge.com
4
22

そうすれば子供と大人のスペースが分けられるので、整理整頓が捗るのはもちろん、しっかりと安全性も確保できます。特に収納が少ない家に住まれている方は、ぜひこの方法でお部屋の収納力をUPさせるのがおすすめです。

④子供が自ら片付ける習慣を作る

片付けが楽しくなるボードをDIYしよう

ママがどんなに掃除を頑張っていても、結局は子供自身が片付ける習慣を身につけなければ家は綺麗に保てないですよね。だからこそ、子供に自ら楽しく片付ける習慣を作ってあげましょう。

写真のように即席のボードをDIYして実践した片付けを「見える化」すれば、子供は進んで片付けを楽しく実践することができます。ぜひそうした遊び心のある工夫を利用して、ママにも子供にもストレスの少ない整理を始めてみませんか?

子供と一緒に片付ける習慣を学ぼう

子供がいてもお部屋の整理整頓は工夫次第でとっても楽に。

ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に、お部屋をすっきり綺麗にしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ