無料の会員登録をすると
お気に入りができます

過去を忘れ幸せをつかもう!恋愛のトラウマを乗り越える方法

恋人からひどい仕打ちを受けると、男性のことが信じられなくなり、恋すること自体が怖くなってしまうことがあります。それは心に傷(トラウマ)を負ってしまったから。ここでは恋愛で受けたトラウマを癒やし、新しい恋へ向かうために知っておきたいことをご紹介します。

2017年2月
恋愛・結婚

彼に値するのは憎しみでも恨みでもなく「哀れみ」です。いつかきっと、本当の愛を知らないまま生きていく彼のことをかわいそうだと思える日が来るでしょう。そしてあなたは誠実な男性と愛を育んでいってくださいね。

Pin it
ピンもと: habituallychic.luxury
188
536

妻や恋人に誠実でいられる男性もちゃんといます。いいなと思える男性と知り合ったら、ルックスやスペックに惑わされずまずは相手の人柄に深く触れることを意識してみてください。

嘘をつかない、自分を律することができる、自分の軸を持っている、言うべき時にはちゃんとノーと言える男性は浮気の誘惑に負けない強さがあるといえるでしょう。

2 DVを受けた

恋人からDVを受けると、すべての男性に恐怖心を抱くようになることも。ただ、男性全員がDV気質を持つわけではないですし、女性でもDVをする人はいます。つまり、男性特有の問題ではなくあくまで個人の問題なのです。

もしあなたが男性から、たとえば「女性はみんな感情的だ」と言われたら、「人によるよ」と言いたくなりますよね。DV気質についても同じです。男性がみな暴力的だと決めつけず、まず内面を見るようにしましょう。

「男の人みんなが怖いわけじゃない。彼が問題を抱えていただけだ」と自分に言い聞かせてみてくださいね。

3 やり捨てされた

体の関係を持った直後に捨てられたりセフレ扱いにされてしまったのは、あなたと彼の気持ちがかけ離れていたからです。あなたは彼のことが好きでも、彼の気持ちはそこまでではなかった。理由はその一言に尽きます。

男性の中には、それほど好きではない女性とでも関係を持てる機会があるなら断らないという人も。とはいえ本気で付き合いたい相手ではないので、一度関係を持てればそれで十分。それがやり捨てする男性の心理です。

どんなに好きでも正式に恋人関係になる前に肉体関係を持ってしまうと、女性にとって不利な展開になりがちです。関係を持たなければつなぎとめられないような相手は、本当の意味での恋人とはいえません。

Pin it
ピンもと: oncewed.com
3
13

彼と真剣に交際を望んでいたのなら、付き合う前に体を許してしまったのは戦略ミスとしか言いようがありません。あなたも自分の意思で関係を持ったはずです。ミスを潔く受け入れ、次に活かしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ