無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運動不足が招く在宅太り……足裏刺激で腸を動かして体重ダウンをめざそう!

美容

運動不足が続くと腸の働きが鈍る?!

感染予防対策で在宅時間が長くなり、運動不足が気になっている人も多くいると思います。体を動かしていないのに、食べることが楽しみになってしまい、ついつい食べすぎてしまうこともありますよね。

在宅太りは、運動不足によって腸の働きが低下し、便秘になってしまうことが原因の1つです。最近便意を感じにくくなった、という人は特に要注意です!

運動不足とはすなわち、股関節を動かす機会が減ってしまっているということです。便通に関わる直腸やS字結腸、肛門は、股関節の中に集まっています。股関節を動かすことで刺激してあげないと、腹圧が弱まり便意が起こりにくくなってしまうのです。

いつもよりも食べすぎているのに便通が増えていない人は、足裏刺激で排便をスムーズにしてあげましょう!

運動不足で起こる消化器の不調を示す足相とは?

運動不足なのに食べすぎている人の足相はこんな形で現れます。自分の足裏をチェックしてみてくださいね。

【足裏の色が紫や赤になっている】

本来足裏の色は自然なピンク色をしているのが理想ですが、食べすぎによって消化器が過剰に働いている状態のときは、足裏の色が紫色や赤色になります。今こんな色になっている人は、運動不足になると腸の動きが停滞して在宅太りにつながってしまいます。

腸を動かすための足刺激テクニック

足裏から腸を刺激する2つのテクニックをお伝えします。毎日続けるのが効果的ですが、週に1度は特に念入りに行って在宅太りを解消しましょう!

【腎臓~輸尿管~膀胱の反射区を刺激】

腎臓・輸尿管・膀胱の反射区を、手の指角やツボ押し棒を使ってしっかりと刺激します。体の老廃物を排出するデトックス効果を高めます。

(1)腎臓の反射区への刺激は、指角やツボ押し棒の先でプッシュします。

(2)腎臓から輸尿管の反射区は、膀胱に向かって流すように指角やツボ押し棒を動かします。ゴリゴリとした手応えを感じたら、それをつぶすようなイメージで流していきましょう。

(3)膀胱の反射区への刺激は、指角やツボ押し棒の先でプッシュします。

腎臓・膀胱・輸尿管の反射区

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ