無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人だからこそ素直に。失敗した時のスマートな"謝り方"講座

大人だって失敗してしまうときがある。そんなとき、ちゃんと素直に謝れていますか?心の中ではイラッとしてはいませんか?大人だからこそ素直に謝れるようになりましょう。

2017年2月
ライフスタイル

大人だからこそ素直に謝りたい

スマートな謝り方を学びましょう

大人になってからでも、時には失敗して相手を怒らせることもありますよね。そんな時感情に任せて逆ギレしてしまったり、表面上では謝っていても心の中で相手のせいにしていたりしませんか?

大人だからこそ素直に謝り、心の中でもきちんと反省できるのがスマートです。そこでスマートな謝罪術と、失敗を受け入れるメンタル面のコツを学んでいきましょう。

まずは失敗を受け入れる心の準備

人間はみんな失敗するものだから大丈夫

完璧主義な人は自分のミスを許せなかったり、失敗する自分を否定してしまうので、失敗を受け入れられないことがあります。

しかし、人間はみんな失敗するもの。何か行動すれば失敗するのはあたりまえのことです。「失敗しても大丈夫」という気持ちを持っておけば、失敗しても必要以上に自分を責めすぎず、心も楽になれます。

成功するためには、失敗を反省して成長を繰り返すべし

自分の成功体験しか語らない人は、人間として成長できないそうです。それは失敗を無視してできないことを放置しているから。失敗をして反省をする人は、できないこともできるようになり、成長できるというわけ。

失敗して責められたくない、責任を取りたくないという人は、失敗を受け入れないといつまでたっても失敗して責められるだけです。成功するためにこそ失敗を認め、反省点を探し、改善した方がお得なのです。

スマートな謝り方講座

なるべく素早く謝る

謝罪はなるべくすぐがベターです。ミスをしたり嫌な思いをさせてしまって、時間が経つと印象もどんどん悪くなってしまいます。相手の怒りの感情もよりヒートアップしてしまうかも。なるべく、すぐ謝罪しましょう。

失敗をした理由をきちんと伝える

なぜミスしてしまったのか、その理由を伝えないと相手に伝わらないことがあります。特にプライベートでのケンカでは意図が伝わらないとよけいにこじれます。なのできちんと理由を伝えましょう。

記事に関するお問い合わせ