無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らなきゃ損する! 薬を買ったら「セルフメディケーション税制」でお金が戻ってくる!

収入を増やすのも支出を減らすのも、なかなか難しいもの。きちんと節税すれば、今の収入のままで自由に使えるお金が増える可能性があるのは知っていますか? なかでも身近で注目したいのが、2017年1月から始まったセルフメディケーション税制です。

2017年2月
ライフスタイル

薬局で薬を買ったら税金が戻ってくる?

ドラッグストアや薬局でよく薬を買う人は、2017年に新設されたセルフメディケーション税制を利用すると、税金が戻ってくる可能性があるのを知っていますか?

なかなか使えない医療費控除

一般的に知られているのは、医療費がかかったときに利用できる医療費控除。年間10万円以上の医療費を使ったら税金の負担を軽くする制度ですが、そこまで医療費を使うことはそうそうありません。

ドラッッグストアの薬だけでトクできる♡

Photo by pdbreen

そこで登場したのがセルフメディケーション税制です。ドラッグストアや薬局で買えるスイッチOTC医薬品(市販薬)について、年間購入額が1万2000円を超えた分は、確定申告をすると税金が戻ってくるのです!

ところでスイッチOTC医薬品ってなに?

スイッチOTC医薬品というと聞き慣れませんが、ドラッグストアや薬局で売っている特定の薬のこと。鎮痛剤のバファリンやイブ、ロキソニン、風邪薬のパブロン、エスタックイブ、ルル、かゆみどめのウナコーワなど、おなじみの市販薬もスイッチOTC医薬品です。

厚生労働省による「セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧」はこちら

税制優遇を受けるには?

セルフメディケーション税制を利用できる人

セルフメディケーション税制を利用するには、所得税・住民税を納めていること、定期健康診断を受けていることなどの条件が必要です。

詳しいセルフメディケーション税制を受けられる人の条件はこちら

レシートは捨てずに取っておくこと

www.pexels.com

ドラッグストアや薬局で市販薬を購入したら、レシートや領収書を捨てずに保管しておきましょう。 合計が1万2000円を超えた分は、確定申告で手続きをすると所得税が還付され、住民税が減額されます。

税金はいくら戻ってくるの?

年収400万〜700万円の人が年間5万円分のスイッチOTC医薬品を購入した場合は、所得税7,600円・住民税(地方税)3,800円、合計11,400円が戻ってきます! 

いくら減税されるかの詳しい計算をするならこちら

医療費控除との同時利用はNG!

ただし、医療費控除制度と同時に利用することはできません。1年間で医療費が10万円以上かかり、対象となるスイッチOTC医薬品を1万2,000円以上購入した場合は、どちらを利用するか自分で選びましょう。

きちんと理解すればだれでもできる!

税金や確定申告と聞くと、拒否反応を起こす人もいるかもしれません。でも、知らないままだと損をしたまま。毎年それなりに薬を購入する人はぜひトライしてみてください。わからないことは税務署で聞くとよいですよ。

記事に関するお問い合わせ