無料の会員登録をすると
お気に入りができます

起きたて3分!“身体ほぐし”で寒くてもスッキリ目覚めよう♡

寒くて起きれない朝は、ベッドの中で軽く身体をほぐしてあげましょう。ゆっくりした動きを取り入れることで、血流が良くなり、すっきり起きられるようになります。朝が苦手だという方必見!ぜひ試してみてください。

2017年2月
ライフスタイル

寒い朝が辛い・・・

目覚めが悪い、なかなかベッドから出られない、やっとのことで起きても頭がぼーっとしたまま。それは、血流が悪くなり体温が下がっているせいかもしれません。

だからこそ、冬は特に朝が辛く感じるのですね。

血流をアップさせるべし!

身体と脳が活動を始めるには、ある程度の体温が必要になってきます。そのために、身体をほぐして血流をアップさせてあげるのがおすすめです!

Pin it
ピンもと: freepeople.com
4
6

血流が改善されれば、冷えやむくみが軽減され、疲れにくい身体を手に入れることにも繋がります。ここではベッドの中で、しかもほんの数分で出来る簡単なほぐし方法をご紹介していきます。

ベッドでゆったり身体ほぐし♡

目が覚めつつも、まだ身体が起きられない状態のまま始めます。すべて目を閉じたまま行ってOKです。

①まずは深呼吸

仰向けになりお腹に手を当てます。目を閉じたまま、大きく鼻から息を吸い、口から長く滑らかに吐き出します。これを5回程行いましょう。実は深呼吸は全身を使う動きなんです!出来るだけ深く呼吸しましょう。

脚は真っ直ぐ前に伸ばしたままでも良いですが、図のように足の裏同士を合わせると、股関節を動かすことができます。体勢が落ち着かないときには、枕を外してみてください。

②膝を立てて左右に

次に両膝を立てて足の裏をベッドにつけます。そのまま両膝を右に倒します。ここでもゆっくり呼吸を続けましょう。5呼吸ほどしたら反対側へ。

Pin it
ピンもと: rstyle.me
17
74

腰が伸びて気持ち良いと感じる場合は、何度か繰り返し行ってみましょう。余裕があれば、顔は脚を倒した方向と逆へ向けてみて。

③脚と腕を上へ

両手両足を上に上げます。そのままブラブラ~と小刻みに振りましょう。筋肉の緊張をほぐし、血流を促進することができる動きです。

最後は両足を持って、少しキープしましょう。だいぶ身体が起きてきているはず。ここで目を開けられるようなら開けてみましょう。

④胸を反って完了

最後はうつ伏せになります。両手を胸の横につき、ベッドを押して上体を反らしていきましょう。背骨に刺激を与えることで、身体が完全に活動モードになります!

Pin it
ピンもと: todo-mail.com
3

無理のない範囲で反りながら、5回ほど深呼吸を行いましょう。これで身体ほぐしは完了です。ゆっくりベッドから出て、さぁ新しい1日を始めましょう!

朝がもっと好きになる!

毎朝、ほんの少しの時間で良いので身体をほぐすようにすれば、今よりもっと楽に起きられるようになります。頭も断然働くように!早速、明日から取り入れてみてはいかがでしょうか。

Pin it
ピンもと: urbanoutfitters.com
40
150

いままで朝が辛かった人も、きっと起きる時間が好きになりますよ♡

記事に関するお問い合わせ