無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「生きづらさ」を感じるあなたを救う方法

ライフスタイル

(5)嫌なことは少しずつやめていく

頑張り屋さんほど、嫌なことにあえて取り組むことで成長できると考えたり、一番苦手な人を攻略できたら人間関係に自信が持てると考えたりしがちです。ですが、それではかえって自信を失ってしまいます。

心を押し殺さないとできないようなことは、できるだけしないようにしましょう。嫌なこと全てをやめるのは難しくとも、「このお誘いは断ろう」など、簡単なことからやめてみて、心の余裕を作りたいものですね。

(6)自分らしさを発揮できる環境を選ぶ

職場などが自分に合わないような場合には、「他の人はちゃんとできているのに、自分は適応できないなんてダメな奴だ」などと気に病む必要はありません。単に、自分の性質に合わないだけのこともあります。

「自分が一番のびのび働けるのはどういう環境だろう?」と考え、合う場所を選ぶようにしましょう。

(7)自分の居場所を増やす

ありのままの自分を出せる居場所が複数あると、生きづらさは随分と緩和されます。職場と家の往復だけだと、どちらかが嫌な場合にどんどんしんどくなってしまいます。趣味のサークルなど、仕事と家族以外に人間関係を持つといいですね。

自分の自然な姿を喜んで受け入れてくれる人たちと仲良くすることが、自信を回復させることに繋がります。

まずは自分を認めてあげることから始めよう!

周りとの価値観のズレ、普通になれない苦しさ、人から否定されたくなくて自分を押し殺してしまうことの息苦しさなど……。「本当の自分を表現できない」時、私たちは何とも言えない閉塞感やむなしさを感じます。

さまざまな固定概念から解き放たれ自由になり、自分で自分を受け入れ認めていくことによって、自分に合う環境や人間関係を選んでいきましょう。自分らしくあることが、あなたを幸せへと導きます。

(高見綾)

※画像はイメージです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ