無料の会員登録をすると
お気に入りができます

受け身だけじゃつまらない♡ちょっぴり“S”になる7つのエッチテク

あなたは彼とのエッチに満足していますか?もし、いつも彼任せでマンネリを感じているようであれば、あなた自身も変わるチャンスです。今回はちょっぴり“S”になれる7つのエッチテクをご紹介します。ぜひ試して2人の愛を深めてくださいね。

4、彼の真似をしてみる

「気持ちいい♡」のお返しを

自分でどうリードしていいのか分からない場合は、彼があなたにしてくれた気持ちがいいことの真似をしてみましょう。「あなたもココが好き?」と聞きながら彼にタッチすることで彼の好みも分かってきます。

言葉にするのが恥ずかしい場合は、黙々と彼の真似をしてみましょう。彼があなたの首筋にキスしたら、あなたも首筋にと、鏡と向き合うようにタッチを繰り返していくことで、いつもと違うあなたに彼も気づくはずです。

5、ちょっとした道具を使ってみる

冗談を言い合える仲だからこそ楽しめる

付き合って間もないカップルにはハードルが高いかもしれませんが、あなたと彼がどんなことも笑って楽しめる仲であれば、積極的に道具も使ってみましょう。道具といっても部屋にあるもので構いません。

バンダナで「ちょっと目隠ししちゃおうかな♡」、メイクブラシで「くすぐっていい?」など、彼もつい「仕方ないなぁ、どんとこい!」と笑ってくれるような雰囲気からスタートし、だんだん無言で攻めてみてくださいね。

6、「どうして欲しいの?」と聞いてみる

「こうして欲しい」と言われても、ちょっとだけ意地悪を

今まで彼には見せなかったけれど、「自分はSっ気が強い気がする」と感じているのなら、思い切って「どうして欲しいの?」と聞いてみましょう。「こうして」と彼が言っても、すぐに応えてはいけません。

「ふーん、そうなんだ」とただ微笑みながら彼をじっと見つめてください。彼の方が恥ずかしくなってきているのを感じてから、「いいよ♡」と愛してあげてくださいね。責めの言葉を上手に使って彼を弄びましょう。

7、噛むことで愛を伝える

ちょっと痛いのも、時には刺激的

唇や舌は使えても、「噛む」行為を上手く取り入れていない女性も多いものです。まず彼の指先にキスしながら、そのまま口に含み、ちょっとだけ噛んでみましょう。嚙みながら上目遣いも忘れないでくださいね。

指で彼が嫌がらないようであれば、そのまま首筋や耳、また胸元などもソフトに噛んであげましょう。「ちょっと痛い」くらいで攻めるのコツです。試しにあなたも少しだけ噛んでもらうと力の加減の参考になりますよ。

記事に関するお問い合わせ