無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

毎日が断然ラク!“手放してよかった”習慣や物8選

ライフスタイル

生活をもっとシンプルにする

当たり前だからと思ってやっていた習慣や、便利だからと使っている物でも、思い切って手放すと、生活がラクになるかもしれません。必要だと思っていることでも、実はそうではないことって多いんですよね。

FollowTheFlow / Getty Images

憧れのライフスタイルを実現するためには、生活はなるべくシンプルにしていくのがおすすめ。こだわることをやめることで、ライフスタイルのクオリティがぐっと高まるかもしれません。

手放してよかった“習慣”編

①スマホとは距離を置く

SNSを覗いたり、ゲームやアプリに夢中になったり、気付けば起きてから眠るまで、ダラダラと触ってしまうスマホ。短時間でも、スマホを触らない時間を作ることで、毎日の時間の使い方が大きく変化します。

Kittiphan Teerawattanakul / EyeEm / Getty Images

寝る前にはスマホを触らないようにするだけで、睡眠の質も変わります。食事の最中はスマホを封印すれば、友人や恋人ともこれまでとは違った時間の過ごし方ができるようになるはずですよ。

②SNSに振り回されない

SNSがライフスタイルの一部になっている人も多いですよね。SNSを使えば、最新のトピックが手に入るし、オシャレな写真を投稿したり、友人の近況をチェックできるので、多くの人の生活の必需品となっています。

Suwaree Tangbovornpichet / Getty Images

けれど、他の人が充実している様子を羨ましく思ったり、自分も充実した私生活を周囲にアピールするために背伸びするのはとても疲れるもの。SNSに振り回されて、ストレスを溜め込んでしまう人も多いようです。

visualspace / Getty Images

SNSはスマホの中の、ほんの小さな世界でしかありません。スマホの中の「いいね」の数に左右されるのはなく、リアルでのライフスタイルがもっと充実するよう、スマホの外に意識を向けてみましょう。

③ストレスの溜まる節約はしない

節約は効率的にお金を貯めることができるための手段ですが、無理な節約でストレスを溜め込んでいては、長続きしないものです。

Nattakorn Maneerat / EyeEm / Getty Images

無理のない範囲で節約を心掛け、たまには節約を忘れてちょっと贅沢するのも良し。そうすることでお金を貯めることがもっと楽しくなるはずですし、節約しながらも毎日を充実させることができるでしょう。

記事に関するお問い合わせ