無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは大丈夫?急増するワーカホリック|臨床心理士に聞く特徴と対処法

ライフスタイル

自分に意識を向ける練習をする

ワーカホリックの人は、自分の心身の健康に意識が向きづらいということもわかっています。そういった人にこそヨガがおすすめです。ヨガで大切にされる呼吸法やアーサナ(ポーズ)は、身体や呼吸、心の動きを観察するのに適しています。日頃からヨガの練習をし、身体や呼吸が心地よく、感情がおだやかな状態を知っていれば、何かストレスフルなことが起きても「いつもの自分と違う」と身体や心のSOSに気づくことができるのです。ヨガの練習を続けることで、心身ともに自分のペースを大切にすることができるようになるでしょう。

アーサナ

『私もワーカホリック予備軍かも』と思った方は、ぜひ今の自分の働き方を見直してみましょう。仕事を頑張るのは素晴らしいことですが、体調を崩してしまっては元も子もありません。心身が疲弊し切ってしまう前に、自分で自分を守る方法を知っておきたいものですね。

ライター/南 舞
臨床心理士。岩手県出身。多感な思春期時代に臨床心理学の存在を知り、カウンセラーになることを決意。大学と大学院にて臨床心理学を専攻し、卒業後「臨床心理士」を取得。学生時代に趣味で始めたヨガだったが、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングと近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。現在は臨床心理士としてカウンセリングをする傍ら、ヨガ講師としても活動している。

Instagram: @maiminami831

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ