無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私って「気にしすぎ症候群」かも。良い意味で鈍感になれる7つの方法

いろんなことを気にしすぎて、考えすぎてしまう人はいませんか?気にしすぎて苦しんでしまうなら、少し鈍感になれる方法を知っておきましょう。

2017年2月
ライフスタイル

私って「気にしすぎ症候群」?

少し鈍感になれば楽になれるかも

自分がどう見られているか、周りに悪く言われているのではないか、気にしすぎてしまう性格の人はいませんか?たとえばこんな風に感じてはいないでしょうか。

・誰かがひそひそ話していると自分の悪口かもと思う。
・一緒に外出した友達が本当に楽しんでいるか心配。
・どう思われるか不安だから、会話で主張できない。
・メイクや服が変じゃないかビクビクしている。

気にしすぎる性格だと生きづらいこともたくさんあって、常に人の目を気にして疲れてしまいます。つらく苦しい思いをしている方も多いのでは?そんな気にしすぎ症候群なあなたに、ほどよく鈍感になる方法をご紹介します。

1.“気にしすぎること”を気にしない

「直さなきゃ!」も自分を苦しめてしまう

「気にしすぎ」の性格を直したいからこの記事を読んでいるかもしれません。でも、気にしすぎというのは考え方のひとつ。疑り深く考えてしまったり、そこから思考の深みにはまってしまう、という考え方なだけなのです。

気にしすぎるということはそれだけ周りへの配慮もできます。深く考えられるのは現実的にモノを考えるときには大切なことです。神経質で繊細だけど、真面目で責任感が強い。それもあなたの魅力のひとつなのです。

「直さなきゃ!」と思うことで、また自分を苦しめてしまうことになります。「自分の個性のひとつ」と、まずは気にしすぎを自覚して、認めるところからスタートです。

2.考えた上での結論を出す

マイナスな感情も自分のために活かして

気にしすぎて考えすぎて、その結果考えただけで終わってしまうのはもったいないです。考えすぎたことをまとめて、自分のために活かす結論を導き出したら、気にしすぎる性格も悪くないと思えるでしょう。

まずは心配なことや気になること、嫌になってしまった気持ちなどを紙に書き出しましょう。ごちゃごちゃした思考が整理されます。それをどうしたら気にならなくなるのか考えて、自分なりの結論を出してみましょう。

3.「ま、いっか」で気にしすぎ時間を縮小

記事に関するお問い合わせ