無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代前半とはどう変わった? 理想の相手への恋愛観

20代前半の頃は結婚を意識しない恋愛でしたが、30代前後になると結婚を意識して男性への考え方も変わりますよね。30代が求める恋愛はどういうものでしょう。

2017年2月
恋愛・結婚

結婚願望の目覚め

楽しいというばかりの恋愛をしてきた20代前半。そんな恋愛にひと区切りつくと、次に出てくるのは「結婚」というワード。相手が結婚するにふさわしいかどうかがつきあうポイントのひとつになることも。

20代後半になると、周りが結婚をしたり、友達との会話で結婚が話題になるなど、「結婚」というワードが頻繁に出てくるようになります。女性には、本能ともいえる母性が備わっているからかもしれません。

結婚はいつでも出来ると思いつつ悩みますよね。短い人生の中で、運命の人と出会い結婚をする。こう考えると結婚とは奇跡の出会いのような気がしてきます。

20代前半の恋愛観

結婚を意識していなかった時の恋愛で、1番大事にしていたのはどんな事でしょう。一緒にいて楽しい、とにかく外見がタイプ、服のセンスが好きだったりと、見た目や楽しさが大事でしたよね。

楽しい恋愛はいつもジェットコースターのようで、上がったり下がったり、時には嫉妬して自分を見失ったり。若さからの誘惑に負けてしまう事もあるかもしれません。それでも毎日楽しいが大事だったあの頃。

落ち着いた恋愛はつまらないと思っていた事もあったかもしれません。お金がなくても楽しめた若い頃の恋愛は特別でした。

30代前半の恋愛観

30代前後になってくると女性も変わります。仕事に自信がついてきて、やりたい事や欲しいものにお金をかけられるようになってきます。充実した毎日を送っていると、恋愛に対しても考え方は変化します。

仕事に理解ある人、穏やかに時間を過ごせる人、今の生活水準を下げたくない。あげるとキリがないほど理想は出てきます。しかし相手に何かを求めるよりも、自分を高めてくれるという事が重要です。

「恋愛=楽しい」から、「恋愛=結婚=生活」と変化していきます。それは自然なことで、大人らしい価値観が生まれたという事なんです。

記事に関するお問い合わせ