無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無意識にやってる人多数! “パサパサ枝毛”になるNG習慣

枝毛ができる原因は、乾燥やパーマをかけて傷んでいるからというだけではありません。実は、枝毛を生んでしまうのは、普段の間違ったヘアケアが主な原因。今回は、枝毛が増えてきて困っている方必見の、枝毛を減らす正しいヘアケア方法をご紹介したいと思います。

2017年2月
ヘアスタイル

何とか枝毛を減らしたい…!

朝に髪をまとめようと思っても髪がパサパサで、毛先をよく見ると枝毛がチラホラなんてことはありませんか? メイクや服に力を入れても、髪にツヤやまとまりがないだけで老けた印象を与えがちに。

www.pexels.com

枝毛がある髪は、きちんと手入れしていないんだな、という風に見られてしまい、良いイメージをもたれないもの。そこで、枝毛になってしまう原因と、そのケア方法についてご紹介したいと思います。

あなたは大丈夫? 「枝毛」になるNG行動

髪の毛は3層に分かれていて、内側からメジュラ(毛髄質)・コルテックス(毛皮質)・キューティクル(毛表皮)という構造でできています。この外側のキューティクルは、みなさんもよく聞いたことがあるはず。

www.pexels.com

このキューティクルが何らかのトラブルで隙間ができてしまうと、髪内部に蓄えていた水分や栄養分が失われてしまい、髪が痛みやすくなると言われています。キューティクルが傷む主なNG行動は下記のとおり。

① パーマやカラーリングの回数が多い

生まれつきの髪質でキューティクルの部分が分厚い人は、枝毛になりにくいと言われています。また、普通の髪質であっても、しっかりと期間をあけてパーマやカラーをすれば枝毛になりにくいでしょう。

気をつけたいのは、パーマやカラーの頻度。頻繁にこれらを繰り返すと、髪が痛みやすくなり、枝毛や切れ毛、パサつきを発生させることに。過度のカラーリングは大きなダメージ要因のひとつ。

② シャンプーを泡立てずに洗髪する

髪を洗う時、しっかりとシャンプーを泡立ててから洗髪しないと、髪の毛同士が擦れてしまいキューティクルがめくれやすくなると言われています。特に、髪が濡れているとキューティクルが余計にめくれやすい状態です。

泡立てて洗髪することも大切ですが、使うシャンプー選びも大切。洗浄力が強いものは、髪に必要な脂質や水分まで洗い流してしまい髪が水分不足になりがち。枝毛が気になる方は、アミノ酸系シャンプーがオススメです。

③ 濡れた髪をタオルでゴシゴシ

前述のとおり、水に濡れたキューティクルはダメージを受けやすい状態。お風呂上がりに髪の毛をタオルでゴシゴシ拭いたり、毛先をギュッとまとめて強く絞ったりしていませんか?

髪の毛同士の摩擦で、キューティクルは簡単に剥がれてしまうので、タオルで髪を軽く挟んでトントンと叩くようにして水分を取るようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ