無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見つけちゃった!「白髪」どうするのが正解?

「白髪がなんてまだまだ生えていないし!」と思っていながらも、ついに見つけてしまって落ち込んでいませんか? アラサーになるとお肌だけでなく髪にも変化が表れてきます。今回は、白髪を見つけたらどうすべきか、原因や改善のためのセルフケアまでしっかりご紹介します。

2017年2月
ヘアスタイル

抜かないことが鉄則というけれど…

鏡に向かってメイクしている時などに、髪にキラリと光るものを見つけると「白髪かも!?」と焦って探してしまうアラサー世代。抜くと増えるという噂を信じつつも、一度見つけると気になってつい抜いてしまうもの。

「見なかったことにしたい! これ以上増やしたくない!」という方に向けて、今回は、白髪を減らしていけるセルフケア方法についてご紹介したいと思います。

白髪になる主な理由って?

白髪の原因は、ストレスであったり加齢、遺伝、生活環境、病気、不規則な生活など人によって様々。白髪は黒い髪の毛が白くなってできるものと思われがちですが、実は逆だったということをご存知でしたか?

髪の毛は、毛母細胞の働きにより生えていて、この毛母細胞が作り出す髪の毛は初めは白い色をしています。それが、髪の成長過程でメラノサイトから分泌されるメラニン色素によって髪に色がついていくという訳です。

www.pexels.com

白髪になるのは、このメラノサイトが何らかの原因によって機能低下しているからと言われています。普段から不規則な生活をしていたり、ストレスを抱えている方は、まずは少しずつ改善していくことが大切です。

白髪は抜いてもあまり意味がない

一時的なストレスでできる白髪は黒く戻る可能性はあるものの、加齢で白髪になった髪の毛は、白髪のままであることがほとんど。白髪を何回抜いても、その毛穴から生えてくるのは白髪のまま。

抜いて一時的になくなったとしても、いずれは生えたての白髪がピンと飛び出してくるので逆に目立つことに。髪は生え変わるサイクルが人によって決まっていると言われているので、見つけた時は抜くより切るに限ります。

白髪を黒くする!自宅でできるセルフケア♡

白髪になってしまったけど、これ以上は増やしたくないしできれば黒く復活させたいと思う方も多いはず。そんな諦められない方に、自宅で簡単にできる黒髪を増やすセルフケアをご紹介しましょう。

1. 目の疲れをしっかりとる

こめかみのあたりや額の両サイドに白髪がチラホラある場合、毎日目を酷使しすぎている可能性が。さらに、首こりや肩こりもあるという方は、長時間のデスクワークにより目の疲れが慢性化しているかもしれません。

眼精疲労と首こり、肩こりがあると、これら周辺の筋肉が硬くなって血管の伸縮運動が悪くなり、頭皮まで栄養が行き渡りにくくなります。その結果、白髪や脱毛といった症状が表れることもあると言われています。

白髪改善のためには、目を温めるグッズなどで、寝る前などに目をしっかりと休めてあげるのがオススメ。最近では、アイマスク型の使い捨てカイロや繰り返し使えるものなど、様々なグッズが販売されていますよ。

あずきのチカラ 目もと用

¥ 754

1日働き続けた目にあずきの天然蒸気がじんわり効いて、気持ちのいいピロー。電子レンジで加熱するだけですぐに使えるうえ、約250回を目安に繰り返し使えるのでとても経済的。

商品詳細
あずきのチカラ 目もと用
www.amazon.co.jp
商品詳細

2. 「肩立ちのポーズ」で血流アップ

目の周りだけでなく、肩や首周りの血流の悪さと冷えを解消させるのにもってこいなのが、ヨガの「肩立ちのポーズ」。シワを減らす若返り効果があることから、別名若返りのポーズとも呼ばれています。

腰に手を当てながら、両足を天井に向けて真っ直ぐに伸ばし、背中から足先まで一直線になるようなイメージで静止します。この時、内ももの力を抜かないようにするのがポイント。詳しくは動画でチェックしてみてください。

一日5分するだけでOK。もし、肩立ちのポーズが難しい場合は、壁を使って行う「逆転のポーズ」でも同様の効果が得られるので、ゆっくり深呼吸を心がけながら取り組んでみましょう。冷え性も解消されますよ。

血流を良くして白髪を改善しよう!

血流の悪さは、白髪だけでなくすべてのアンチエイジングに関わっていると言われるほど。今回ご紹介したセルフケアは自宅で簡単にできるものばかりなので、ぜひ今日からトライしてみて下さいね。

記事に関するお問い合わせ