無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私達っていつまで“彼氏彼女”なの?彼に将来を意識させる5つのヒント

付き合いが長い彼とは一緒にいて楽しいし毎日幸せ。でもいつまで彼氏と彼女のままなんだろう...と密かに悩んでいませんか?そこで今回は、彼に少しずつ結婚を意識させるためのヒントをご紹介します。

2017年3月
恋愛・結婚

彼にプロポーズして欲しい

彼と一緒にいられるだけで幸せでも、いつかはプロポーズして欲しいなと思いますよね。もしかしたら彼にその気がなくて、婚期を逃したらどうしよう...と不安になっていませんか?

とは言え、「いつ結婚してくれるの?」と単刀直入に聞くのは難しいですよね。結婚のことを考えてくれるように、少しずつ働きかけてみましょう。

①目標は来年にしてみて

できるだけ早く彼がプロポーズしてくれるのが理想ですが、来年あたりに結婚の話が出ればいいな、ぐらいに考えておきましょう。絶対今年中に!と焦っても、良い結果を生み出すことはできないんです。

親しい友達が次々と結婚すると、自分だけ取り残されているようで焦ってしまうかもしれません。しかしそこでイライラして彼に八つ当たりしてしまったら、結婚どころか彼との仲も危うくなってしまいますよ。

②自分磨きも忘れないで

彼と結婚するとしてもこのまま付き合い続けるにしても、彼にとって魅力的な女性で居続けることが一番大切です。生活習慣を見直したり趣味を充実させるなど、自分磨きも忘れないようにしてくださいね。

③他人の結婚生活について話してみて

いきなり彼とあなたの今後について話し合うよりも、まずは他の人の結婚生活を話題にしてみましょう。結婚生活に関する本や映画、或いは身近にいる素敵なカップルの話など何でもOKです。

ここでのポイントは、いかに2人が結婚して精神的に満たされたかということをテーマにすること。結婚式や指輪などお金がかかることについて話していると、結婚に対して不安感を抱かせてしまいますよ。

④友達の力も借りてみて♡

もしかしたら彼は結婚する気がないのかもしれない、でも本人に直接聞くのは気が引ける...というときは、友達にさり気なく聞いてもらいましょう。特に彼の友達なら、本音を聞き出しやすいかもしれません。

既に結婚していて上手くいっている人にお願いできれば、さらにベターです。ついでに結婚生活の良さも話してもらえば、彼の気持ちが変わるかもしれませんよね。

⑤感謝の気持ちを表してる?

自分の長所も短所も受け止めてくれて、何かしてあげれば喜んでくれる人と結婚したいと思うのは、誰でも同じです。彼に感謝の気持ちを表すことができているか、もう一度普段の態度を見直してみてください。

何かをしてもらったら「ありがとう」と言うのは当然ですが、それ以外にも彼の長所や素敵だなと思うところをきちんと口に出して褒めてあげましょう。もちろんメールや手紙でもOKです。

自分のことをいつでも好きでいてくれる女性となら、生涯を共にしても大丈夫だと思ってくれるはず。安心感を与えることは、結婚式やプロポーズについて話すよりもずっと効果的ですよ。

焦り過ぎはNG!

彼に結婚を意識させるように働きかける前に考えておきたいのが、あなた自身は結婚する心の準備ができているかということ。友達が皆結婚したからと焦るよりも、将来についてきちんと考えておくことが必要です。

そしてあなた自身はすぐに結婚したくても、彼にプレッシャーを与えるのは止めておきましょう。特に真面目な彼は結婚して家庭を持つことを軽く考えていないので、あなたに何か言われてもパッと決心するのは難しいんです。

今できるのは結婚生活に対してポジティブなイメージを見せることと、彼との出会いそのものに感謝すること。一緒にいると落ち着くなと思ってもらえる女性を目指す方が、幸せに近付けるはずですよ。

記事に関するお問い合わせ