無料の会員登録をすると
お気に入りができます

外出自粛で弱った体に!美容のプロが、免疫力アップのためにしていること

美容

若かりし頃、免疫力が低くて風邪を引きやすかったときの経験を活かして、今は食事で免疫力アップに努めています。

食事は1日2食

若かりし頃、免疫力が低くて風邪を引きやすかったときの経験を活かして、今は食事で免疫力アップに努めています。

今の現代人は食事の量をとりすぎているという話を聞いて、食事はふだんから基本的に1日2食。胃を休ませる時間を設けると胃の消化が促され、腸活にも、美容にも、そして脳にもよいということから、このような生活スタイルをとり入れています

高倉流、免疫力アップ朝食

とくに工夫しているのは、朝食時。
朝食のみ固形物はとらないように心がけ、水分をたくさんとるようにしています。

朝起きたら、まずは白湯を1杯。
白湯を飲みながら、寝ている間に休んでいた胃と体を少しずつ起こしてあげ、次に甘酒をコップ1杯飲みます。その1時間後ぐらいに青汁を。

なぜ時間を分けているかというと、お昼まで固形物をとらないように心がけているので、空腹感を感じないようにするため。
今は自粛生活で運動もままならない状態ですが、この時間で体の中の毒素を出すために、12〜16時間の断食とストレッチをして、内臓からアプローチしています。

高倉流、免疫力アップドリンク

甘酒は米麹と米のみで作られているものを愛飲しています。甘過ぎず、ほどよく空腹感を満たしてくれるので、朝に固形物をとらない私にはぴったりのひと品。
ちなみに甘酒は、“日本のヨーグルト”とも呼ばれるだけあって、腸内環境を整え、免疫力を高める働きがあると言われています。

お気に入りの甘酒は「国菊 あまざけ」。とにかく味がおいしいので、甘酒が苦手な人にもおすすめです。
そして、甘酒と常にセットで飲む青汁のお気に入りは「ハリウッド化粧品 グリーングリーン」。

飲み続けやすい青汁で、100%オーガニックかつ国産大麦若葉100%使用という点もお気に入りのポイント。ビタミンやミネラル、酵素たっぷりの高品質で、私にとって欠かせない青汁です。

高倉流、免疫力アップ常備食

体を内側から温めることは、免疫力アップに欠かせません。なので私は、「しょうがはちみつ」を手作りして、常備食にしています。
しょうがは生のまま置いておくとすぐに乾燥してしまうので、はちみつに漬けておくと保存がききます。栄養もたっぷり! ヘルシーなのに濃厚なおいしさがあり、いろいろな食材と合わせて使うこともできます。

ちなみに夏は炭酸水で割り、冬はお湯で割って飲んでいますよ。私はしょうがが好きなので、細かく刻んで漬け込んでいます。

甘酒に青汁、そして、しょうがとはちみつ。さっそくこれらを食事にとり入れてみて、免疫力アップをはじめてみませんか?

取材・文/高田空人衣

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ