無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「しんどい」気持ちに正直に。困った親から解き放たれるための方法

「正直親がしんどい」「一緒にいると本音で話せず息苦しい」それは、あなたを苦しめる親だからかもしれません。親でも子供を苦しめてしまう場合があること、またどんな風に呪縛から逃げれば良いのか、知っておきましょう。

2017年2月
ライフスタイル

“親”の存在が“私”を苦しめる

罪悪感を感じなくてもいい

もういい年齢の大人なのに未だに親が怖い、会おうと思うと体力と気力がいる、そんな風に親を「しんどい」と思ってしまう人はいませんか?そう思ってしまうことに罪悪感を抱いてしまっているかも。

でも、実際に子供を苦しめてしまうような親もいるのです。

子供を苦しめる親とは?

子供を自分の思い通りにしようとしたり、逆に関心がなく放置したり…。子供を苦しめる親とは、以下のような特徴があるようです。

・「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」と親の地位を押しつけがましく主張
・子供は自分の“物”で支配下に置きたい
・過干渉
・子供が自分より幸せになることに耐えられない

・子供への嫉妬が激しい
・自分の話しかせず、子供の話を無視する
・否定的な言葉で攻める・脅す
・親の希望を子供に押しつける

などなど。たとえこれに当てはまらなくても、必要以上に辛いと感じさせるような言動をしてしまう親も子供を苦しめてしまいます。

苦しめる親から解き放たれる方法

こんな親を嫌だと思っていても「母親だから」と離れられず、共依存になってしまう人もいます。しかし、それは自分を苦しめるだけです。では、どうしたら良いのでしょうか。

極力関わらず自然に任せる

親に変わってもらいたい、きちんと愛してほしい、という人もいるかもしれません。しかし、子供がいる限り冷静な判断はできないのが現実。そういう親もいるのです。

なので、何よりもまず関わらないこと。物理的に距離をおくのが最優先です。連絡先や居住地も伝えず、接触できない場所へ逃げましょう。

記事に関するお問い合わせ