無料の会員登録をすると
お気に入りができます

”黒ずみヒジ”になってない? 春までに”つるつるヒジ”を手に入れる方法

目につきやすいヒザやかかとは気になっても、「ヒジ」のケアは忘れがちという人も多いのでは?何気なく腕をまくった時に意外と見られているパーツでもあるので、日頃からケアを心がけたいもの。今回は”脱・黒ずみヒジ”、そして”つるつるヒジ”を手に入れる方法をご紹介します!

2017年3月
美容

ヒジのケア、ちゃんとしてる?

自分が普段から目にする身体のパーツは、きちんとケアしているという方も多いと思いますが、目につきにくいところはどうですか?ついケアを怠りがちな最たる例と言えば「ヒジ」!

全然ケアしていないという方は、一度鏡でじっくりチェックしてみて下さい。乾燥する今の季節、意外と黒ずんでいたりしているかも?今回は、ヒジの黒ずみをケアする方法についてご紹介します。

ヒジが黒ずむ3つの原因とは?

1. 摩擦

摩擦は、毎日着ている洋服をはじめ、机や床などでも起こるもの。こすれて摩擦が起きやすい合成繊維(アクリル、ナイロンなど)を避けるようにし、綿などの肌当たりの良いものを選ぶのがオススメ。

または、ヒジ部分にボディクリームを塗るのも、摩擦を軽減させる裏技。デスクワークの方は、机とヒジの間にタオルを挟むだけでも、黒ずみを防ぐことができますよ。

2. ヒジをついて圧力をかける

テレビを見たり、仕事の休憩中などについヒジをついてしまう癖はありませんか?これも黒ずんでしまう大きな原因と言われています。特に、ヒジは圧力がかかりやすく、皮膚の角層が分厚くなっているパーツ。

角層が厚いと乾燥しやすく、くすみが目立つというデメリットもあり、お肌がより硬くなって放っておくとさらなる黒ずみを招くことに。ヒジをついてしまう癖は、できるだけ改めましょう!

3. 皮脂が少ない分乾燥しがち

ヒジは、顔の皮膚などの構造と違っていて、皮脂腺や汗腺が少ないため乾燥しやすいパーツの一つ。これはヒザも同様で、この部分が乾燥していると皮膚を保護する力が弱くなってしまうことに。

さらに、バリア機能が低下してしまい、ますますダメージを受けやすくなることから黒ずみへとつながってしまうのです。

黒ずみヒジをすべすべに♡簡単3ステップ

ヒジの黒ずみの多くは摩擦や紫外線、圧力によるものがほとんど。しかし、乾燥を防ぐためにとにかく保湿だけしておけばいいという考えは大きな勘違い!黒ずんだヒジをキレイにする3ステップはこちらです。

記事に関するお問い合わせ