無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今度こそスッキリ暮らす!捨てられない「モノの捨てどき」教えます♡

モノが多くてなかなか部屋が片付かない、と日頃から悩んでいる人は必見。今度こそシンプルに暮らすを実践しましょう!なかなか捨てられないアイテムの「捨てどき」をご紹介します。

2017年2月
ライフスタイル

モノを整理してシンプルに暮らす

モノが多くてなかなか部屋が片付かないと日頃から頭を抱えている人は意外と多いのではないでしょうか。いつか着るだろう、いつか使うだろうと捨てずにいると、いつまでたっても片付きません。

Pin it
ピンもと: sarahvonh.com
218

海外のお部屋のようにシンプルでオシャレな部屋を作り上げるためには、収納スペースに合わせて、溢れかえる物を整理することから始めなければいけません。

Pin it
ピンもと: womensfashionizer.com
181
1032

モノをなかなか捨てられない人のため、「モノの捨てどき」についてご紹介します。

洋服の捨てどき

クローゼットの大半を占める洋服。女の子の最大の楽しみであり、クローゼットに新しい洋服をしまうときや、お気に入りの中からその日の一着を選ぶ瞬間は何よりも楽しい瞬間です。

Pin it
ピンもと: bloglovin.com
48
329

しかし心がときめくクローゼットを維持するためには、新しく洋服が増える分、着なくなった洋服や靴、バックなどは捨てることも必要です。しかしなかなか捨てどきがわからないものでもあります。

穴があいたもの、傷んだものは処分すべし

Pin it
ピンもと: api.shopstyle.com
5
26

まず穴が開いてしまったり、生地が傷んでしまった洋服は潔く処分しましょう。余程お気に入りでない限り、お金や時間をかけて修理することはほとんどないので、その服の出番が回ってくることはほとんどないでしょう。

Pin it
ピンもと: api.shopstyle.com
75
476

汚れが目立つものも同様です。残念ですが人前に着ていくことがないだろう状態の洋服は、その後の活躍の場はありません。

お気に入りは残す、ときめかないものは捨てる

クローゼットを最善の状態に保つには、衣替えのシーズンにクローゼットの掃除をするのがお勧めです。季節の変わり目に衣替えをし、また中身を入れ替えることで、残すもの・捨てるものを振り分けることができます。

洋服を選別するときのポイントは、長期間に渡ってその洋服に袖を通していなくても、お気に入りは残し、心がときめかないものは捨てるという容量で整理するのがお勧めです。

Pin it
ピンもと: vi.sualize.us
1

また何がどこにしまわれているか一目でわかるように収納を作ることもポイントです。外付けの収納用具などを十分に利用し、効率のいいクローゼットを作ることで使いやすさををアップさせましょう。

季節ごとに洋服を入れ替え、尚且つお気に入りの洋服がしまわれたクローゼットは、服で溢れることもなくスッキリし、何がどこに入っているか一目でわかり、開けるたびにワクワクする空間になります。

靴やバックなども同じ方法で整理していきましょう。

メイク道具の捨てどき

Pin it
ピンもと: anthropologie.com
4
16

メイク道具の捨て時がわからない女性は意外と多いようです。使い切るまで何年も使用したり、開封してから長期間使用されていないコスメなどがメイクボックスの中で眠っていたりします。

コスメは生ものと心得るべし

実はコスメに使用期限があることはあまり知られていません。一度開封して空気に触れさせてしまったら、なるべく早く使い切るのが理想です。

Pin it
ピンもと: shopstyle.com
7

特にスキンケアや口紅など、粘性の高いものは質感が変化してしまうこともあります。変質してしまったクリームやリップを使用することで肌にトラブルが起きてしまうことも考えられます。

Pin it
ピンもと: shopstyle.com
11
68

香りがとんでしまっていたり、年単位で使用していないコスメは潔くゴミ箱へ。

本棚の整理

Pin it
ピンもと: we-heart.com
190

気付いたら本や雑誌で溢れてしまいがちな本棚は意外と多く目に触れる場所の一つです。本で溢れかえってしまわないように、定期的なお手入れを行うことでスタイリッシュに保つことができます。

雑誌はインテリアに取り入れて

オシャレな雑誌や写真集はインテリアに取り入れることで、お部屋をスタイリッシュに保つことができます。本棚の一部を見せられる空間として演出すれば、オシャレな空間を作ることができます。

また一度目を通してそのまま本を置きっぱなしにしてしまう人は、ここからここまでと言ったようにキープする冊数を決めると本が溢れかえることがありません。

Pin it
ピンもと: urbanoutfitters.com
286
2
1957

収納スペース以上のものは置かない。またスタイリッシュに見せる工夫をすることで、本を整理しようと思う気持ちを高めることができます。

モノを捨ててシンプルに暮らす♡

Pin it
ピンもと: newdarlings.com
100
782

いかがでしたか?ちょっとしたポイントを抑えるだけで、よりシンプルで使いやすいお部屋になります。ぜひ実践してみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ