無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年こそ早めに夏準備♡「チェアポーズ」ですっきり脚痩せ!

夏までに脚痩せを実現させたい!という方へ。下半身やお腹周りを効率よく鍛えられる「チェアポーズ」を試してみませんか?ここではチェアポーズの効果や正しいポージングのためのコツについてご紹介します。

2017年3月
美容

チェアポーズで下半身引き締め!

チェアポーズとは下半身痩せに効果があると言われるヨガポーズの一種。両手を上げ、椅子に座るような中腰の体勢でゆっくりと呼吸します。簡単に見えますが効果的に行うには少々コツも必要。

ここではチェアポーズの効果と正しいポーズの取り方、また応用編もあわせて詳しくご紹介します!

チェアポーズの効果

1. 下半身&ウエストの引き締め

全身の筋肉を強化できるチェアポーズですが、下半身の筋肉に力が入るため、太ももやヒップの引き締めに最も効果があるとされます。また、コアも鍛えられるのでウエスト周りにも同時にアプローチできます。

2. 冷え性の改善

腕をのばしながらゆっくり呼吸することで背中周りの筋肉がほぐれ血流が良くなり、体が温まりやすくなります。

基本のチェアポーズ

①足を揃えて立ち、息を吸いながら両手を上へ。肩の力は抜く
②息を吐きながらひざを曲げ中腰に。重心をかかとに置き、お腹にぎゅっと力を入れる
③20~30秒キープ

バランスがとりづらい方や慣れない内は、膝を曲げたときに腰を少し壁につけて体重を支えてもO.K。下の動画で動きをチェックしてみて下さいね。

背筋、お尻、ひざに注意!ポージングのコツ

効果的に行うために「背筋はまっすぐ」、「お尻を突き出さない」、「ひざをつま先より前に突き出さない」の3つのコツをマスターしましょう。間違った体勢で行うと、ひざや腰を痛める原因になってしまいます。

応用編

1. つま先立ちチェアポーズ

通常のチェアポーズよりふくらはぎに強い負荷がかかります。またバランスを取るために必要な体幹も鍛えられます。

①脚は肩幅に開く。腕を前にのばし、思い切りつま先立ちになる
②つま先立ちのまま息を吸って吐きつつ、腰を落とす。できれば太ももが床と平行になるぐらいまで。

Pin it
ピンもと: sunina.com
2

③20秒キープ
④息を吸いながら膝をのばし、息を吐きながらかかとと腕を下ろす

2. プレイヤーズツイストのポーズ

チェアポーズにねじりを加えたのがプレイヤーズツイストのポーズ。ねじることでよりウエストに負荷をかけ、また両手を押し合わせることで二の腕も効果的に鍛えられます。

①チェアポーズの状態から両手を胸の前で合わせ合掌
②息を吐きながら左方向に上体をねじり、右のひじを左ひざの外側に引っかける

③5呼吸ほどキープしたら息を吐きつつ①に戻り、ゆっくり膝をのばす
④反対側にも同じようにねじる

3. 肩周りをほぐすチェアポーズ

ツイストに加え肩周りもほぐすポーズ。普段デスクワークで前かがみの姿勢が多い方にオススメです。腕を上げている方の胸や肩周りが気持ち良いですよ。

①チェアポーズから右腕を左足の外側まで、または手の届くところまで下げる
②左腕はまっすぐ上へ。左右の肩のラインをそろえる
③やや上を向いて30秒キープ
④反対側も行う

4. チェアポーズスクワット

ポージングに飽きてきたら、少し動きを付けてみましょう。さらなる下半身の強化を目指す、チェアポーズスクワットです。

①足を肩幅に開いて立ち、チェアポーズの姿勢をとる。太ももが床に平行になるぐらいに腰を落とす。
②立ち上がって右膝を上げ、同時に両腕を右斜め前へ振り下ろす

③逆方向も同じように行う
12回~15回を3セット行い、セット間では30秒休憩する。

夏までにボディーメイク!

下半身を始め、少し応用を加えることで全身をトレーニングできるチェアポーズ。今からコツコツ気になる部分を引き締めて、夏までにメリハリボディーに仕上げましょう♡

記事に関するお問い合わせ