無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実はよく知らないかも? 「フェイスパウダー」の正しい使い方

メイク

本当のところよくわかっていません!

プロにとってメイクの仕上げに欠かすことのできないフェイスパウダー。化粧崩れ防止やお肌の立体見せなど様々なメリットがあるのに一般の方では、使い方を知らなかったり使い方が間違っていたりなんてことも。

でもいまさら使い方を人に聞けない人のために、今回はフェイスパウダーの魅力と正しい使い方をご説明します。

そもそもフェイスパウダーって一体なに?

意外と知られていないのが、フェイスパウダーはファンデーションの一種類だということ。ファンデーションにはコンシーラー・リキッドファンデーション・パウダーファンデーションなど様々な種類があります。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

その中でもフェイスパウダーは最も油分が少なく粉分の多いものになります。パウダーファンデーションと一緒に考えてしまう人がいますが、その2つでは特性や用途が異なります。

パウダーファンデーションはフェイスパウダーよりも油分が多く、しっとりしています。また肌を均一に整えるベースメイクとして使われます。フェイスパウダーの場合は「メイクの仕上げ」として使われます。

フェイスパウダーって何がいいの?

冒頭にも言及しましたが、フィエスパウダーを使用するメリットは大きくわけて3つあります。

①化粧崩れ防止

フェイスパウダーは皮脂や汗といった油分や水分を吸収するので、化粧崩れを防止します。このメリットはベースメイクに限らず、他のパーツにも適用されます。

例えば時間が経つにつれてにじんできてしまうアイメイクや、ムラになってしまうチークなどもフェイスパウダーをつけることで改善されるケースが多々あります。

②顔立ちがより立体的に

フェイスパウダーにはきめ細かな粒子が含まれています。その粒子が太陽などの光を拡散することにより、肌の凹凸がが作り出され立体的な顔立ちにみせます。

記事に関するお問い合わせ