無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨もこれで安心♡傷みにくいお弁当作りのコツ&おかず8選

レシピ

梅雨のお弁当作りのコツを教えます!

TatayaKudo / Getty Images

気温と湿度が高くなる梅雨のシーズンは、お弁当のおかずが傷まないかちょっと心配になりますよね。そこで、傷みにくいお弁当作りのコツ&おかずを紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてくださいね♡

傷ませないための5つのコツ

1.しっかり容器を洗う

debbiehelbing / Getty Images

お弁当箱に油分や水滴が残っていると、菌が増殖する原因になります。パッキンなどのパーツもしっかり洗って乾かし、アルコール除菌スプレーを使い殺菌してから使いましょう。

2.薬味を加える&濃い味付け

yajimannbo / Getty Images

梅雨や暑い日のお弁当を作る時は、お酢や梅や大葉などの殺菌効果のある薬味を使うのがオススメです。また、しっかり煮詰めて水分を飛ばし濃いめの味付けにすることで、傷みにくくなります。

3.しっかり加熱する

KPS / Getty Images

おかずはしっかり中まで加熱するのがベストです。そして混ぜご飯や半熟卵、汁気の多いおかずは傷みやすいので避けましょう。また、ハムやちくわなど火を通さず食べれる食材も、一度加熱しておくと安心です。

4.おかずやご飯は冷ます

yumehana / Getty Images

おかずやご飯を温かいうちに詰めてしまうと、菌が繁殖しやすくなってしまうので注意が必要です。しっかり冷ましてから詰めましょう。また、詰める時は素手では触らず清潔な菜箸を使うと◎。

5.保冷グッズを活用する

冷蔵庫などで保管できない場合は、保冷剤や保冷バッグなどで冷たい状態をキープしましょう。100円ショップでも可愛い保冷グッズがたくさんあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ