無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マスクと自粛の影響で今年の夏は熱中症になりやすい?! 知っておきたい予防の対策

ライフスタイル

熱中症の発症は梅雨の時期から始まる

気温が急に上がると、体内に熱がこもったり、汗をたくさんかくことで、体内の水分や塩分が不足したりします。これが全身に影響を及ぼし、けいれんやめまい、湿疹、頭痛、吐き気などをもよおすことを「熱中症」といいます。

●熱中症の症状

・めまいや 立ちくらみがする
・手足のけいれん
・体がだるくなる
・吐き気や 嘔吐がある
・頭痛がする
・生あくびが出る
・口の中が強く渇く

そもそも、なぜ熱中症は起こるのでしょうか。キリンビバレッジ営業部で熱中症対策アドバイザーの資格をもつ速水美智子さんにくわしく教えていただきました。

「ヒトは汗による気化熱で体温をコントロールしています。熱中症は、体温を調節する機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇してしまう機能障害です。汗が出ないと皮膚から熱を逃がすことができなくなり、運動や活動で、さらに体温が上がってしまいます。それで熱中症になるのです。

また、日本の気候は、多湿です。多湿だと汗をかいても蒸発しにくくなります。すると汗が気化熱となって体温を下げることができなくなるので、やはり体内に熱がこもることになり、熱中症になりやすくなります。

気温が25℃を超えると熱中症患者が発生し始めますが、気温が低くても、湿度が高い場合は熱中症のリスクが高まります。梅雨の合間の気温が急に上がったときなども注意が必要です。

今年の夏は平年並みか高い気温が予想されています。それに加えて、4月から5月の自粛生活により、暑さに体が慣れないまま夏を迎える人や、運動不足の人も多いと予想されます。また、科学的な調査結果はありませんが、マスクをしていると口まわりの湿度が高まるなど、のどの渇きを感じにくい傾向があると言われています。そういった要因から、熱中症のリスクが高まると考えています。」

「暑さに慣れていない」ことや「運動不足」は、熱中症のリスクとどのような関係があるのでしょうか。

「暑さに対する体の適応は、温度の変化より遅れます。暑さに慣れないまま気温の急上昇にさらされると、体がついていけず、熱中症になりやすいといえます。また運動不足の人は汗をかく機能が低下しているため、熱中症のリスクが高くなるのです」(速水さん)

7月から急増する熱中症 じつは半数が屋内で発生

気温が急に上がる6月から7月にかけて、大きく増え始める熱中症。暑い日に外に出なければ防げるのでしょうか。

※厚生労働省「平成30年7月1日~平成30年9月30日の重症入院患者数」より

「熱中症の発生場所で多いのは、意外にも屋内です。外気温だけでなく、屋内で過ごすときも気温が何℃あるのかに注意して、28℃以上なら、扇風機やエアコンを使用したり、日差しを遮り風通しをよくするなどしましょう。
ただし、エアコンで屋内の温度を下げ過ぎると、外に出たときに急激に温度が上がることになるので危険です。設定温度は28℃くらいを目安にしてください。

屋内で熱が逃げにくいのはお風呂場や洗面所。また、家の2階部分は熱がこもり、昼間に上がった気温が下がりにくいです。こうした場所で長時間過ごすときは気温に注意してください」(速水さん)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ