無料の会員登録をすると
お気に入りができます

立体感がインパクト大!釘と糸で作れる“ストリングアート”を簡単DIY

インパクトがあるアートをお部屋に飾りたいときにおすすめなのが、ストリングアート。毛糸や刺繍糸を巻きつけるだけで、立体感のある作品ができあがるんです!

2017年3月
DIY

ストリングアートがお洒落!

mi‎🏝na on Instagram: “定時が延びてから夕飯食べると この状態😪 * #トーストアート #朝ごパン #スヌーピー #ココアパウダー #ココアパウダーアート #食パンアート #とーすと #bread #snoopy #morning…”
instagram.com

ストリングアートとは、板に打ちつけた釘に毛糸を通して作ったウォールアートのこと。立体感があるので、シンプルなモチーフでもお洒落に見えるんです。まずは簡単な作り方からチェックしてみましょう。

メッセージカードの作り方

針で刺繍糸を通して、メッセージカードを作る方法をご紹介します。釘を打つ必要がないので、DIY初心者さんにもおすすめですよ。

必要なもの

・画用紙または真っ白なカード
・鉛筆
・定規
・刺繍糸
・刺繍針
・千枚通し
・ハサミ

作り方

カードに鉛筆でハートを描き、1cmごとに印をつけます。段ボールなどを下に敷いて、千枚通しで印部分に穴を開けましょう。その穴に針で刺繍糸を0:50~1:25のように通したら、両端を裏側で結んでおきます。

これを繰り返していくと、裏側は並縫いのようになっているはずです。糸が足りなくなったら、裏側で結んで付け足してくださいね。全ての穴に糸を通せば完成です。

糸はどんな風に通してもOK。このようにランダムに通せば、こなれた雰囲気に仕上がります。小さめのカードを作っておくと、ちょっとしたお礼の気持ちを伝えたいときに便利ですよ。

本格的なストリングアートに挑戦!

カード作りで大体の手順をマスターしたら、今度は本格的なウォールアート作りに挑戦してみましょう。釘でテーブルなどを傷つけないように、板などを敷いてから作業してくださいね。

必要なもの

記事に関するお問い合わせ