無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前10分が鍵!朝スッキリ目覚める「4つのメソッド」

翌朝スッキリ起きるためには、睡眠の質を上げることが大切です。寝具を変えたり、生活習慣を見直したりせずに出来る簡単な習慣をご紹介していきましょう。これならすぐに始められるはず♡

2017年3月
ライフスタイル

良質な睡眠が美を作る!

今より美しくなりたい、毎日エネルギッシュに過ごしたい。それなら睡眠を見直してみませんか?

Pin it
ピンもと: amzn.to
117
601

私たちの体は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、筋肉や肌といった細胞の修復が行われます。良質な睡眠がとれていれば、疲労は日々解消され、肌も美しい状態を保つことができるのです。

睡眠の質、下がっているかも!?

忙しい現代人は自立神経が乱れがちで、睡眠の質が下がっています。ベッドに入ったらすぐに眠れるという方でも、翌朝疲れが残っていたり、昼間に強い眠気を感じるようであればぐっすり眠れていないのかも!

www.pexels.com

ここでは、睡眠の質を上げる簡単なメソッドをご紹介したいと思います。寝具を変えたり、規則正しい生活を送るのは無理だという方でも大丈夫。早速見ていきましょう。

1、ゆっくり白湯を飲む

寝る準備ができたら、白湯をカップに入れて冷ましながらゆっくり飲みましょう。内臓を温めることで、身体を休息モードへと導きます。寝ている間に奪われる水分を補給しておくためにも大切な習慣です。

飲む量は半杯くらいで大丈夫。冬は残った白湯を枕元に置いておくと部屋の加湿にも役立ちますよ。

2、寝る前10分はスマホから目を離す

寝る直前までスマホの強い光を見ていると、交感神経が刺激され上手に眠れなくなってしまいます。それが翌朝スッキリ起きられない原因に。とはいえ、なかなか徹底できないものですよね。

そんな方はタイムリミットを決めましょう!寝る時間を決めて、その10分前にはスマホから目を離すようにしてください。それだけで翌朝の疲れが変わってきます。

3、簡単リラックスポーズ

スマホから目を離したら、自分の身体に意識を向けてみましょう。足の疲れを感じている場合はこのポーズがおすすめ。壁を使って足を上げ、リラックスしましょう。血流を促進し、むくみや冷えを解消してくれます。

不安な気持ちがあるなら、チャイルドポーズを取り入れてみましょう。足を開いて正座をして、身体を楽に倒していきます。手は前に伸ばしても、身体の後ろに回してもOK。目を閉じて心を落ち着けましょう。

4、今日に感謝して深呼吸

寝る前にもやもやとした気持ちでいると、脳が疲れて眠りの質が低下してしまいます。それでは朝もスッキリ起きられません。上手くいかなかった日でも、寝る前だけは今日1日に感謝するようにしましょう!

Pin it
ピンもと: theultralinx.com
2
8

感謝することなんて何もない、とはじめはスムーズに出来ないかもしれません。それでも続けることで、マインドが変わってきます。朝起きた時に今日も1日がんばろう!という気になれるはずです。

辛いことを考えていると身体が緊張し息が浅くなります。感謝をして気持ちが穏やかになれば、自然と呼吸も深くなりますよ。深呼吸をして、ぐっすり眠りにつきましょう。

感謝すること(例)
・無事に過ごせたこと
・美味しいご飯を食べられたこと
・1本前の電車に乗れたこと
・お礼を言われたこと
・友達と遊ぶ予定が入ったこと
・天気が良かったこと

眠りで人生が輝く♡

たかが眠りだと侮ってはいけません。美しい肌や快適な身体を手に入れている人は、睡眠の質が違うのです!

少しの工夫で良い眠りを目指せば、翌朝もスッキリ気持ちよく起きられるようなりますよ。早速取り入れてみてください。

記事に関するお問い合わせ