無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今やっておきたい!…「洗濯機とエアコン」の簡単カビ予防テク

ライフスタイル

すでにカビが発生しているときの対処法

洗濯物に茶褐色、黒い汚れがつくなど、すでに黒カビが発生してしまっているような場合にはどうすれば良いのでしょうか?

パナソニック担当者 洗濯槽クリーナーなどでお手入れをしてください。黒カビ、イヤなニオイをしっかり分解して、槽を清潔に洗浄します。

エアコンのカビの原因と対策

続いては、エアコンのカビの原因と予防法、すでに発生してしまっている場合のお手入れ法について見ていきましょう。

パナソニックによれば、エアコン内のカビは、湿気とホコリを栄養分として成長していくといいます。特に油分がエアコンに吸入され、ホコリの付着の原因になることから、調理油が飛散しやすいキッチンに近いところにエアコンがある場合は、注意が必要だそう。

エアコンのカビ予防法は?

湿度の上がる梅雨時は、カビリスクがよりいっそう高まります。この時期は、特にエアコンにホコリをためないことがカビを防ぐうえで重要。そのためにはどうすれば良いのでしょうか?

パナソニック担当者 エアコン内部のホコリ吸着用フィルターのこまめな掃除が大切です。エアコンの外部に貼るフィルターも市販されていますので、それを装着すれば、内部のホコリ吸着フィルターの汚れ防止に役立ちます。

すでにカビが発生しているときの対処法

すでにエアコンにカビが生えている場合、どうすればいいのでしょうか。

パナソニック担当者 吹き出し口や枠、ホコリ吸着用フィルターにカビが発生した場合は自分で掃除ができます。ですが、フィルターの奥にカビが発生した場合は、業者によるクリーニングが必要です。フィルターの奥にある熱交換器のお手入れが必要になるため、熱交換器を覆っている本体部材の取り外しが必要となるからです。

しばらく洗濯機の洗浄やエアコンのお掃除をしていないという人は、カビが生えていないか不安になったかもしれません。梅雨を前にぜひ一度チェックをして、お手入れと予防法をおこなっておきましょう。

Information

パナソニック「梅雨時期の暮らしのお困りごと実態調査」(動画)

©AndreyPopov/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages
©minervasanat/Gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ