無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頭がパンクしそう!忙し過ぎるときに心を落ち着かせる5つの方法

いくら頑張ってもやるべきことが全く終わらない日々が続くと、頭がパンクしそうになるぐらいイライラしてしまいますよね。そこで今回は、どんなに忙しくても穏やかな心を保つためのヒントをご紹介します。

2017年3月
ライフスタイル

毎日やることが多すぎる!

仕事や家事、子育て、さらに自分の時間も確保したいとなると、スケジュールはもう一杯。1日24時間だけでは足りない!と感じる女性は多いのではないでしょうか?

もちろん全てを投げ出すことはできないし、今やるべきことを終えても暇になるとは限りません。しかし、「忙しくて辛い」という気持ちを「充実していて楽しい」に変えることはできるんです。

ここでは忙しい時期でもパニックにならず、落ち着いて過ごせるようになるためのヒントをご紹介します。

①無駄なことに時間を取られてない?

まずは今後の予定だけでなく普段の過ごし方も見直して、削れるところがないか探してみましょう。

例えば家事や仕事で、絶対に自分がやらなければいけないと思い込んで頑張っている作業はありませんか?他の人でもできるようなものなら、相手の負担にならない程度に手伝ってもらってもいいかもしれません。

または頻繁なメールチェックなど、何となく習慣になっているだけで実は大して必要ではない作業もあるかもしれません。1つ削るだけでも、気持ちはかなり軽くなりますよ。

②スケジュールをリセット!

少し予定を削ったら、スケジュール表をリセットして1から作り直してみましょう。絶対に終わらないほど予定を詰め込んでいるとしたら、もっと現実的で自分の能力に見合ったものにするべきです。

そして入れておきたいのは、誰にも邪魔されず自分の作業に没頭できる時間。例え10分でもしっかり集中できれば、かなり効率が良くなりますよ。

③ぼんやりする時間はマスト

せっかくの休憩時間中も、スマホをチェックするなど何かしら手を動かしていませんか?これでは脳を休めることができないので、いくら休憩しても忙しいという気分から抜け出すことはできません。

どんなに忙しくても、1日に数分間はボーっとする時間を作ってみてください。リラックスできるだけでなく、良いアイディアが浮かびやすくなります。

④一度にできることは1つだけ

忙しいときは一気に全てをこなさなければいけないと思ってしまいますが、マルチタスクを完璧にこなせる人は滅多にいません。まずは他のことを後回しにして、1つの予定を片づけてしまいましょう。

必要なのは、毎日少しでも達成感を味わっておくこと。「いくら頑張っても終わらない...」と感じることが続けば、辛い気持ちが増すのは当然です。

⑤自分の心と身体を観察してみて

忙し過ぎて辛くなってきたら、心と身体の状態をチェックしてみましょう。イライラして口調がきつくなったり、やたらと甘いものが食べたくなったりしていませんか?

すぐに解決することは難しいかもしれませんが、忙しくなったときに自分の体調がどう変化するのか知っておくことはとても大切です。変化に気付いたら、早めに対策しておくこともできますよね。

運動やお風呂、食事など人それぞれですが、自分が心からリラックスできることを予めリストにしておきましょう。少し体調が変化したときに1つずつ実践してみると、ストレスを溜め込みにくくなりますよ。

手を休めることを忘れないで

忙しい!と思うと全く時間に余裕がないように感じられてしまいますが、せめて10秒ぐらいは手を止めてみてください。一度冷静になって、今の自分の状態を観察することが必要なんです。

そして頑張り過ぎているなと思ったら、スケジュールを見直してみましょう。予定を全てこなしても、ミスだらけでは意味がありません。量よりも質を重視する方が、周りからの評価がアップすることもありますよ。

記事に関するお問い合わせ