無料の会員登録をすると
お気に入りができます

午前中が鍵!これならできる♡痩せ体質を作る5つの習慣

痩せやすく太りにくい体質を作るには午前中の過ごし方が重要です。今回は基礎代謝を上げ、痩せ体質になるためのヒントをお届けしていきます。少しの工夫でカラダは大きく変わりますよ。

2017年3月
美容

痩せやすいカラダは午前中に作る!

太りやすい・痩せやすいといった体質は、遺伝もありますが基礎代謝量が大きく影響しています。代謝が良いと何もせずに過ごすだけで消費されるカロリーが多くなるのです。

代謝を上げたいなら午前中の過ごし方を見直してみましょう。日によって予定が変わりがちな午後よりも習慣化しやすいのもポイントです。しっかり続けることでカラダが変わっていきますよ。

1、ストレッチ&深呼吸でスタート

縮こまったままのカラダでは血流が悪く代謝も上がりません。朝起きたら、手足をぐ~っと伸ばしてみましょう。寝ていたカラダを起こすようなイメージで。

www.pexels.com

同時に胸を開いて、深呼吸もしてみましょう。横隔膜や腹筋が使われ、血の巡りが良くなっていきますよ。鼻から吸って、口から長く吐いてみて。自立神経を整える効果もあります。

2、朝食は胃腸の状態に合わせて

午前中は代謝が高めなので、食べたものをしっかりと処理することができます。代謝を高めるためにもこの時間のエネルギー補給は欠かせません。とはいえ食べすぎは禁物!

www.pexels.com

朝ごはんを毎日同じ量にしている方は、その日の胃腸の状態によって食事内容を変えましょう。例えば前日の食事時間が遅かったり、量が多ければまだ胃はいっぱいのはずです。

水を1杯飲んでから考える

嘘の空腹に騙されないように、まずは水分補給を行いましょう。常温の水や白湯がおすすめ。時間があればハーブティーなどでも良いですね。

www.pexels.com

1杯飲みながら、朝の準備を進め空腹状態を探りましょう。

3、排泄の時間であることを意識

午前中は排泄の時間であることを意識しましょう。出なくても良いやと思っている方は要注意。腸内に老廃物が溜まっている状態ではどんどん代謝が悪くなってしまいますよ。

記事に関するお問い合わせ