無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食費を毎週予算内に抑えたい人集合!1週間分の「食材まとめ買い」のススメ

節約・マネー

安い商品は確かに魅力的ですが、使う予定のものを使う分だけ買う方が経済的です。また、あまり使い慣れない食材等が安くなっていてもすぐに飛びつくのはNGです。余らせて残念なことにならないように計画的に買い物しましょう。

⑤野菜は種類豊富に多めに購入

野菜はサラダにしたり、炒めたり、煮たりと幅広くアレンジが利くので、数種類のものをまとめ買いすると便利です。「野菜のまとめ買いは日持ちが心配…」と思われがちですが、足の早いものから日持ちするものまで買って、効率的に使えば無駄になりません。

AlexRaths / Getty Images

週の前半は、足の早い葉物など、サラダ等で生野菜として食べる物を中心に食卓に出し、後半は、根菜類など日持ちのする野菜を使うように意識すれば、まとめ買いも怖くありません。また、旬の野菜は価格が安く、まとめ買いにおすすめです。

⑥生鮮品以外はネット通販を利用する

鮮度を確かめながら買いたい「肉・魚・野菜」等は、スーパーに行って自分で選びたいですが、日持ちのする食品はネット通販で購入するとメリットが多いんです。例えば、調味料、粉類、パスタなどの乾麺、缶詰などがそれにあたります。

Tatiana Atamaniuk / Getty Images

特に、缶詰や調味料の瓶などは重くてかさばるのでネット通販が便利。月に1度在庫を確認して、どれくらいあれば1ヵ月持つか考えながらまとめ買いすると、通常の買い物は生鮮品のみでOKになるので、食費の管理もしやすくなりますね。

これからの食費節約に期待できるかも

nensuria / Getty Images

家で過ごす時間が例年よりも多い今年は、特に食費には気を遣いたいですね。まとめ買いのコツを押さえながら、買い物をすることで、食費の変化を少しずつ感じられるはずです。時間の節約のためにも、挑戦してみてはいかがでしょうか?

※この記事は買い占めを助長するものではありません。
※外出する際は混雑する時間を避けるなど、感染予防を心がけてください。

記事に関するお問い合わせ