無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痛いほど刺さる♡「カルテット」から学ぶ!大人の恋愛名言集7選

恋愛・結婚

大人の恋愛ドラマ「カルテット」

www.amazon.co.jp

火曜夜10時から放送中のTBS系ドラマ『カルテット』。それぞれに「嘘」を抱えた男女が、共同生活を送りながら繰り広げる大人のラブストーリー&ヒューマンサスペンスとして話題になりました。

今回は、ロカリの読者の皆さまにも刺さる!『カルテット』から学ぶ大人の恋愛名言集をご紹介します。

『カルテット』名言集

①「夫婦は別れられる家族」

「家族」と呼べるパートナーも、元は他人。キッカケ次第で別れてしまうのも事実というリアルな心情が描かれている深い言葉です。

grinvalds / Getty Images

『カルテット』の前に同枠で放送されていた『逃げるは恥だが役に立つ』は、「契約結婚」や「夫婦を超えていけ」というテーマだったので、前作とのギャップや現代女性の抱えるモヤモヤの真意を付いていると話題になっているようですね。

②「上り坂 下り坂 まさか」

人生は上がり下がりだけでなく、時には予想も出来ないような「まさか」が起こります。良い方に転ぶか、悪い方に転ぶかが分からないからこそ「まさか」が人生の分岐点になることもあります。

③「女からキスしちゃうと、男は恋に落ちません。」

男女が恋に落ちるまでの過程を上手く表現したセリフは、関係が前進するかどうかのドキドキする瀬戸際を赤裸々に表現しています。

kieferpix / Getty Images

「いつキスしちゃってもおかしくないぞ、の距離をつくるまでが、女の仕事です。」「ペットボトル1本分の距離を保つのが大切です。」など、駆け引きに使えそうなアドバイスが響くとSNSでも話題に。

④「泣きながらご飯を食べたことがある人は、生きていけます。」

仕事や恋愛で失敗したり、自分の不甲斐なさを感じて泣きながらご飯を食べたことがある人もいますよね。泣きながらでも前に進もうと立ち上がろうとしている人は、少しずつでも強くなって生きていけます。

記事に関するお問い合わせ