無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お財布や環境に優しい♡ 身の回りにある“洗剤代用品”でエコ掃除しよう

毎日使う場所の一つキッチンは、常に清潔を保ちたいもの。しかし、焦げ付いた鍋やシンクの水アカなどはついつい掃除が後回しになっていませんか?市販されている洗剤に頼らずに、家の中にある酢や塩、余ったレモンなどを使ってキレイにする「エコ掃除法」をご紹介します。

2017年3月
ライフスタイル

洗剤の代わりになるものって…?

最近では、洗剤や漂白剤、クロスなど掃除が便利になるような商品がたくさん普及していますよね。もちろんこれらを使っても便利ですが、食品や台所にあるようなもので代用できることをご存知でしたか?

わざわざ洗剤を買わなくても、身の回りのものを代用すれば安心して使えますし、洗剤を使いたくない場所も気軽に掃除することができます。意外と汚れがとれるので、ぜひ一度実践してみて下さい!

洗剤の代用品にはどんなものがある?

洗剤の代わりになるのは、主にレモン・オリーブオイル・酢・茶殻・塩・重曹など、掃除を始めたら洗剤がなかったという時にも使えるものばかりです。種類別にオススメの使い方をご紹介しましょう。

1. レモン

レモンの果汁は、食品に含まれる酢の中でも最も強いと言われており、この酢の力が掃除や殺菌に役立ちます。料理で使いきれなかったレモンを利用して、無駄なく有効に使い切りましょう。

まな板の消毒

レモンの断面でまな板をこするようにすると、表面を殺菌することができます。また、まな板のシミ取りにもレモンが使えます。絞り汁をまな板にかけ20分程度放置してから水ですすげばOK。

水アカを落とす

キッチンペーパーをレモンの絞り汁に浸し、水アカが固まった水道の蛇口などを包んでしばらく放置します。その後、使い古しの歯ブラシなどでこすって洗い流すと簡単に落とすことができますよ。

衣類の汗ジミや紅茶のシミ取りに

なかなか取りにくい衣類のシミ取りおレモンにお任せ!洗濯機に衣類と洗剤を入れたら、レモンの絞り汁を120ccほど加えれば汗ジミを落とすことができます。

また、布などについた紅茶のシミを取りたい場合は、レモンの絞り汁と同量の水で薄めたものを作り、綿棒に含ませてシミの部分に塗り、しばらく放置した後水で洗い流しましょう。

2. オリーブオイル

オリーブオイルは潤滑油として摩擦を小さくする効果があります。また、オリーブオイルの膜は物の表面にある細かいデコボコを埋めてくれるので、ツヤ出しとして使うのもオススメ。

ファスナーを滑りやすく

綿棒にオリーブオイルを含ませて、ファスナーの歯の部分に塗ることで、上げ下げする時に滑らかになりますよ。この時、オイルが布部分につかないようにくれぐれも注意して下さい。

また、ドアの開閉時にキーキーと嫌な音がなる場合も、オリーブオイルが使えます。オイルを少量を含ませた布を蝶つがいの上部にあて、オイルが流れ落ちるようにしましょう。

ジュエリーのくすみ取りに

柔らかめの布にほんのすこしのオリーブオイルを含ませ優しく磨くと、ジュエリーのくすみを取り去ることができます。また、ステンレス製品を磨く時も同様に使えば、安全で効果の高いツヤ出し剤として使えますよ。

3. 酢

酢には殺菌作用があり、防腐剤としても使用できるので便利なアイテム。キッチンはもちろん、ニオイ取りやシミを落としたりなどマルチに使えますよ。

電子レンジや生ゴミのニオイ取りに

耐熱容器に大さじ1の酢を入れ、ラップをせずに1~2分レンジにかけるだけで、レンジ内のニオイが取れます。さらに、生ゴミのニオイが気になる場合は、お湯で5倍ほどに薄めた酢をスプレー容器に入れてかけます。

シールを剥がした部分をキレイに

値札やシールなどが一部残ってしまった場合や、シール跡が残っている時は、その部分に直接酢を塗って5分ほど放置し、その後軽くこするだけでキレイに拭き取れます。

また、同じように窓ガラスをキレイにする効果もあります。酢を5倍ほどのお湯で薄めて窓ガラスを拭くとピカピカに。くもり防止の作用もあるので、お風呂場や洗面所にもオススメですよ。

4. 茶殻

お茶の葉に殺菌作用があるのは有名な話ですよね。その他にも消臭剤や乾燥剤としても代用できるので、常にストックしておきたいところ。

シンクを磨く

使い終わったティーバッグを使ってシンクを磨くとピカピカに。また、油汚れがひどい食器などにお茶をかけておけば、少量の洗剤でスッキリ手早く洗うことができますよ。

靴の消臭剤や乾燥剤にも

乾燥させた茶殻を使えば靴の消臭にも使えます。茶殻を天日干しでよく乾燥させてから古い靴下やお茶パックなどに詰めて、1日履いた靴の中に入れておきましょう。消臭効果は、1~2週間ほどです。

乾燥させた茶殻をキッチンペーパーなどで包めば、乾燥剤としても使用可能。さらに除湿や防虫にも効果があるのが嬉しいポイント。こちらも、効果は1~2週間程度です。

5. 重曹

エコなお掃除アイテムとして最近注目を集めている重曹。重曹は海水に大量に含まれている成分なので安心して使えます。重曹を選ぶ時は、食用か薬用のものをチョイスしましょう。

カーペットや洗濯物の消臭に

カーペットのニオイを取りたい時は、重曹を粉のままふりかけて一晩おき、掃除機で重曹を吸い取ればOK。また、洗濯物にも重曹をふりかけてから通常通り洗濯機で洗うようにすると、ニオイも取れ汚れもよく落ちるように。

パイプ詰まりの解消

排水口に1カップの重曹を入れ、次に温めた酢を1カップを入れましょう。そのまま20~30分ほど放置しお湯を注げばパイプの詰まりを一気に解消できます。

鍋の焦げ付きを落とす

汚れがこびりついた鍋は、直接重曹をふりかけ5分ほど放置してから軽くこするだけで汚れを落とすことができます。水で洗い流し、その後酢水で洗い流せばOKです。

6. 塩

塩には防腐効果があり、細菌類の増殖を抑える働きがあります。また、研磨剤としても使えますよ。

アイロンのスチーム穴の掃除に

布の上に塩をまいてから、高音にしたアイロンでその上を滑らせていきます。この時、スチームは使用しないこと。アイロンのスチーム機能をよく使う方にオススメしたいお掃除法です。

果物表面のワックスを取る

オレンジやレモンなどを触った時、少しヌルッとすることがありますよね。果物に付いているワックスのヌメリも塩で洗えば取ることが可能。ブドウ・イチゴ・さくらんぼなど、取れにくい汚れにもオススメです。

赤ワインのシミ取りに

テーブルクロスなどに付いてしまった赤ワインのシミ。ボウルなどの上にクロスをかぶせ、その上に塩をのせてから沸騰したお湯をかけると、シミ汚れが取れやすくなります。

洗剤に頼らないエコな暮らしを

あれば便利な洗剤ですが、今回ご紹介したように洗剤がなくても身近にあるものでキレイにお掃除することができます。経済的でお財布や地球に優しいお掃除方法で、シンプルな暮らしを始めませんか?

記事に関するお問い合わせ