無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お財布や環境に優しい♡ 身の回りにある“洗剤代用品”でエコ掃除しよう

毎日使う場所の一つキッチンは、常に清潔を保ちたいもの。しかし、焦げ付いた鍋やシンクの水アカなどはついつい掃除が後回しになっていませんか?市販されている洗剤に頼らずに、家の中にある酢や塩、余ったレモンなどを使ってキレイにする「エコ掃除法」をご紹介します。

お掃除

4. 茶殻

お茶の葉に殺菌作用があるのは有名な話ですよね。その他にも消臭剤や乾燥剤としても代用できるので、常にストックしておきたいところ。

シンクを磨く

使い終わったティーバッグを使ってシンクを磨くとピカピカに。また、油汚れがひどい食器などにお茶をかけておけば、少量の洗剤でスッキリ手早く洗うことができますよ。

靴の消臭剤や乾燥剤にも

乾燥させた茶殻を使えば靴の消臭にも使えます。茶殻を天日干しでよく乾燥させてから古い靴下やお茶パックなどに詰めて、1日履いた靴の中に入れておきましょう。消臭効果は、1~2週間ほどです。

乾燥させた茶殻をキッチンペーパーなどで包めば、乾燥剤としても使用可能。さらに除湿や防虫にも効果があるのが嬉しいポイント。こちらも、効果は1~2週間程度です。

5. 重曹

エコなお掃除アイテムとして最近注目を集めている重曹。重曹は海水に大量に含まれている成分なので安心して使えます。重曹を選ぶ時は、食用か薬用のものをチョイスしましょう。

カーペットや洗濯物の消臭に

カーペットのニオイを取りたい時は、重曹を粉のままふりかけて一晩おき、掃除機で重曹を吸い取ればOK。また、洗濯物にも重曹をふりかけてから通常通り洗濯機で洗うようにすると、ニオイも取れ汚れもよく落ちるように。

パイプ詰まりの解消

排水口に1カップの重曹を入れ、次に温めた酢を1カップを入れましょう。そのまま20~30分ほど放置しお湯を注げばパイプの詰まりを一気に解消できます。

鍋の焦げ付きを落とす

汚れがこびりついた鍋は、直接重曹をふりかけ5分ほど放置してから軽くこするだけで汚れを落とすことができます。水で洗い流し、その後酢水で洗い流せばOKです。

記事に関するお問い合わせ